楽天カードの公共料金・税金のポイント還元が0.2%に改悪!代替カードを紹介!

 

楽天カードユーザーにまた悲報となる改悪情報が届いています。

 

「いつでもポイント1.0%還元」「楽天市場では3倍」とポイントがお得に貯まる楽天カードですが、残念なことに2021年6月より税金・公共料金の支払いのポイント還元が0.2%に低下してしまいます。

 

今まで楽天カードで税金・公共料金を支払っていた方には大きなダメージとなるため、楽天カードの代わりになる税金・公共料金支払い用のクレジットカードを見つけなければなりませんね。

 

今回は、楽天カードでポイント還元率が下がる支払先の詳細と、税金・公共料金の支払いに使える代替カードを紹介します。

 

今後もお得にポイントを貯められるように、使い勝手の良い代替カード選びの参考にしてください。

 

クレジットカード診断テスト

公共料金・税金などのポイント還元が0.2%に

 

これまで、楽天カードで公共料金・税金などの支払いをすると、100円につき1ポイントがもらえていたためポイント還元率は1.0%でした。

 

しかし、2021年6月以降は500円につき1ポイントしかもらえなくなり、ポイント還元率は0.2%と、5分の1に下がってしまうのです。

 

公共料金は毎月の固定費として数万円かかることが多く、税金も年に一度とはいえまとまった金額の支払いになります。

 

これまでは、楽天カードで支払うことでポイントが効率よく貯められていましたが、今後はこの旨味がなくなるため代替のクレジットカードを用意する必要があります。

ポイント還元率が変更になる支払い

2021年6月1日から、ポイント還元率が変更になる支払いを以下にまとめました。

 

小売電気事業者 北海道電力
東北電力
東京電力エナジーパートナー
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
沖縄電力
小売ガス事業者 北海道ガス
仙台市ガス局
東部ガス
東彩ガス
武州ガス
東京ガス
ニチガス
京葉ガス
静岡ガス
東邦ガス
北陸ガス
大阪ガス
岡山ガス
広島ガス
四国ガス
西部ガス
日本ガス
水道事業者 札幌市水道局
仙台市水道局
さいたま市水道局
東京都水道局
神奈川県営水道
川崎市上下水道局
横浜市水道局
浜松市上下水道
名古屋市上下水道局
京都市上下水道局
大阪市水道局
神戸市水道局
福岡市水道局
税金 自動車税
固定資産税
都市計画税
法人税
地方法人税
贈与税
源泉所得税
住民税
その他 国民年金保険料
Yahoo!公金支払い

 

これらの支払いを楽天カードに指定している方は、ポイント還元率が0.2%になるためご注意ください。

国税は手数料に注意

自動車税や固定資産税などの国税をクレジットカードで支払う場合、10,000円ごとに76円(税抜)の決済手数料がかかります。

 

楽天カードで支払う場合、これまでのようにポイント還元率が1.0%であれば手数料を上回りますが、還元率が0.2%にまで低下してしまうと損をしてしまいます。

 

もちろん、その他のクレジットカードを利用する場合でも、ポイント還元率が0.5%のクレジットカードなら損をすることになります。

 

そのため、楽天カードの代わりとなるクレジットカードは、還元率が1.0%以上のものにする必要があります。

楽天カードに代わる公共料金・税金支払い用カード

 

ご紹介してきましたように、これまで公共料金や税金を楽天カードから引き落としていた方は、代替となるクレジットカードが必要になります。

 

そこで、「還元率1.0%以上」「年会費永年無料」という楽天カードと同等のスペックのクレジットカードを厳選して4つご紹介します。

 

  • リクルートカード
  • オリコカードザポイント
  • ヤフーカード
  • JCB CARD W

 

楽天カードは「楽天市場」用カードとして今後も引き続き利用しつつ、これからご紹介するクレジットカードを「公共料金・税金用カード」、あるいは「楽天市場以外のメインカード」として併用しても、年会費が無料なのでコストはかかりませんよ。

リクルートカード

4.6

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,100円(税込)※JCBの場合は無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • 還元率1.2%で年会費無料
  • リクルートポイントはPontaポイントに交換可能
  • 電子マネーと相性が良い

 

リクルートカードは、いつでも1.2%還元でポイントが貯まり、もちろん税金の支払い時も例外なく1.2%還元となります。

 

年会費無料のクレジットカードでありながらもポイント還元率1.2%を実現させており、数ある年会費無料のものの中で最高還元率を誇っています。

 

リクルートカードで貯まるポイント「リクルートポイント」は、Pontaポイントに交換することができ、「ローソン」をはじめ「じゃらん」「ホットペッパーグルメ」「ポンパレモール」などで利用できます。

 

また、Pontaポイントは加盟店の多いau PAYにチャージが可能なので、非常に使い勝手が良いです。

 

電子マネーでは、楽天カードでは楽天Edyのチャージでしかポイントが還元されませんが、リクルートカードはVISA・Mastercardブランドであれば、楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAのチャージでも1.2%還元でポイントが貯められるので、電子マネーとの相性も良いですよ。

 

オリコカードザポイント

4.1

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard、JCB
還元率1.0〜2.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-

カードの詳細を見る

現在、受付停止中です

  • 還元率1.0%で年会費無料
  • ポイントはリアルタイム交換が可能
  • 楽天ポイントにも交換可能

 

オリコカードザポイントは、年会費が無料でポイント還元率が1.0%ですが、入会後6か月間はポイント還元率が2倍の2.0%還元になります。

 

貯めたポイントは、リアルタイムで交換可能で、Amazonギフト券、nanacoギフト、App Store & iTunesギフトカード、Google Playギフトコード、T-POINT、dPOINT、waonポイントなど豊富な交換先が用意されています。

 

ポイントは楽天ポイントにも交換可能なので、カードで貯まるポイントは楽天市場で利用したいという方にもおすすめです。還元率は0.7%にはなってしまいますが、他社カードのポイントに比べると高還元です。

 

ほかにも、オリコカードザポイントには「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しているので、電子マネー・スマホ決済としても利用できる店舗が多いですよ。

 

ヤフーカード

4.3

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費550円(税込)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • 還元率1.0%で年会費無料
  • Yahoo!ショッピングでポイント3倍
  • ソフトバンクユーザーならさらにお得

 

ヤフーカードは、ポイント還元率1.0%で年会費無料のクレジットカードです。Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイント3倍の3.0%還元になります。

 

なお、楽天カードと2枚持ちすれば、楽天市場とYahoo!ショッピングのどちらでも3.0%還元で買い物ができるので2倍お得です。

 

また、ソフトバンクユーザーならさらにYahoo!プレミアム会員(通常税込508円/月)が無料になるので、Yahoo!ショッピングで4.0%のPayPayボーナスライトがもらえ、日曜日には10%分が追加される特典もあります。

 

ほかにも、ヤフーカードはPayPayに直接チャージできる唯一のクレジットカードという点も注目すべきところです。

 

JCB CARD W

5.0

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0〜5.5%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • 還元率1.0%で年会費無料
  • ポイントアップする店舗・ネット通販が多い
  • ETCカードも年会費無料

 

JCB CARD Wもポイント還元率1.0%で年会費無料のクレジットカードです。一般のJCB CARDと比較して、いつも2倍の1.0%還元でポイントがもらえます。

 

また、ポイントアップ対象店が多く、実店舗ではたとえばセブン-イレブンで2.0%還元、スターバックスカードのチャージで5.5%還元など、優待店が多いです。

 

さらに、ネットショッピングではAmazonで2.0%還元、Yahoo!ショッピングで1.5%還元など、幅広いネット通販でもお得にポイントが貯まります。

 

ほかにも、ETCカードも年会費無料・発行手数料無料で利用できるというメリットがあります。楽天カードはETCカードの年会費がかかることがデメリットですが、JCB CARD Wでは本カード、家族カード、ETCカードすべてが年会費無料です。

 

40歳以降も継続利用は可能ですが、申し込みは39歳まで限定で、作っておいて損は無いカードなので、早めに申し込みしておきましょう。

 

過去の楽天カードの改悪情報

 

今回の楽天カードの改悪も衝撃的なものですが、楽天カードは過去にもさまざまな改悪が行われています。

 

年間の楽天市場の利用金額によっては、切り替えるべきか悩む「楽天ゴールドカード」についての改悪情報も含めて、振り返ってみましょう。

2017年11月より、楽天カードのnanaco・モバイルSuica・スマートICOCAのチャージがポイント付与の対象外に

以前はJCBブランドの楽天カードでは、nanacoへのチャージで1.0%のポイント還元を受けられました。

 

セブン-イレブンでの税金支払いにnanacoを利用することで、本来還元のない税金の支払いで間接的に楽天ポイントを貯めることができましたが、改悪によりできなくなりました。

 

また、日ごろ電車を利用している学生や会社員の方にとって、交通系の電子マネーは効率的にポイントを貯められますが、ポイント付与の対象外になってしまったことでカード変更を余儀なくされたかたも多いでしょう。

2018年9月より、楽天ゴールドカードの空港ラウンジ利用が年2回に

楽天ゴールドカード付帯の国内線の空港ラウンジを無料で利用できる回数は、以前は制限はありませんでしたが、年間2回までに変更になりました。3回目からは有料です。

 

楽天市場での高還元と、空港ラウンジが利用できる格安ゴールドカードということで、「楽天ゴールドカード」には年会費以上の価値がありましたが、それが削られる形になりました。

2021年4月より、楽天ゴールドカードの楽天市場での還元率が楽天カードと同じに

楽天カードでは、楽天市場で買い物をするといつでも「3%還元」になりますが、楽天ゴールドカードでは「5%還元」になるのが最大のメリットでした。

 

2021年4月からはその還元率が変更になり、楽天カードと同じ3%還元にとどまりますが、年会費は変わらず2,200円(税込)かかります。

 

楽天市場での楽天カードとのポイント還元差は2%なので、年間10万円以上楽天市場で買い物をする方は楽天ゴールドカードの方がお得でしたが、その優位性もなくなり年会費分の元を取ることは難しいでしょう。

 

このように、楽天ゴールドカードはもう利用価値がないほどの改悪が起きているため、楽天ゴールドカードへのグレードアップを検討していた方はご注意ください。

 

楽天カードに代わる税金・公共料金の支払い用カードを用意しよう!

楽天カードでは、2021年6月からは公共料金や税金などの支払い時の還元率が0.2%に変更になります。

 

  • 2021年6月1日から公共料金・税金などのポイント還元が0.2%に改悪
  • 代替クレジットカードは「年会費無料」「ポイント還元率1.0%以上」がマスト
  • 度々の改悪で楽天カードの利用自体を検討すべき

 

公共料金や税金は支払わなければならないものですが、どうせならポイントをもらって少しでも節約に役立てたいものです。しかし、楽天カードでは今後そういった効果は期待できなくなります。

 

楽天カードのように「年会費無料」「1.0%還元以上」で、税金・公共料金の支払いができる使い勝手の良いカードは他にもありますので、これを機に楽天市場以外で利用するメインカードを変えてみるのも手でしょう。

 

それぞれのメリットでお得になるシーンが異なりますので、自分に一番合うカードをみつけてくださいね。

 

 

リクルートカードの申込みはこちら

ヤフーカードの申込みはこちら

JCB CARD Wの申込みはこちら