ヤフーカードがnanaco・PayPayチャージ時のポイント付与撤廃!ポイント2重取りが不可に

 

2020年2月から、ヤフーカードユーザーにとっては大悲報となる、PayPay・nanacoでの改悪が行われます。

 

これまで、ヤフーカードはPayPayでポイントを2重取りできる唯一のカードでしたが、2020年2月からはヤフーカード利用分のポイントが撤廃されます。

 

同時に、nanacoチャージ時のポイントも撤廃されてしまいますので、ヤフーカードユーザーにはダブルショックとなりますね。

 

この記事では、

 

  • ヤフーカードの改悪の詳細
  • PayPayから乗り換えるべきスマホペイ
  • nanacoチャージ用のおすすめクレカ

 

このような点を詳しく解説します。

 

最後まで読めば、ヤフーカード改悪での痛手を最小限に抑えることができますよ!

 

クレジットカード診断テスト

PayPayでのポイント2重取りが不可に!

 

2020年2月1日より、ヤフーカードでの「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」でのポイント還元が撤廃されてしまいます。

 

PayPayの利用では、支払方法に応じて「PayPayボーナス」が付与されます。

 

PayPay残高、ヤフーカードでの利用特典 1.5%
特定サービス利用特典 1.0%
請求書払い利用特典 0.5%

 

PayPayでは、PayPay残高、または登録したクレジットカードでのみ支払いをすることができますが、クレジット払いでは、ヤフーカードでの支払いのみ利用特典の対象となります。

 

また、PayPay残高での利用でも還元率1.5%の利用特典の対象となりますが、PayPayにクレジットチャージできるのはヤフーカードのみとなっています。

 

これまで、ヤフーカードでのPayPay決済、PayPay残高チャージでは、ヤフーカードの利用ポイントとして、100円に1ポイント(還元率1.0%)のTポイントが付与されていました。

 

ただし、2020年2月1日より、ヤフーカードでのPayPay決済、PayPay残高チャージでのポイント付与が撤廃されますので、PayPayでのポイント2重取りは不可能となってしまいました。

 

PayPay用にヤフーカードを手に入れた方にとっては、耳を疑いたくなるような、強烈な改悪情報となりますね。

 

2020年1月31日まではポイント付与の対象ですので、できるだけヤフーカードからPayPayにチャージしておくのが、せめてもの対策と言えるでしょう。

2020年2月からnanacoチャージでのポイントも撤廃

 

PayPayだけではなく、ヤフーカードではnanacoチャージ時のポイント付与も撤廃となります。

 

これまで、ヤフーカードでは、nanacoクレジットチャージのチャージ金額、200円に1ポイント(還元率0.5%)のTポイントが付与されていました。

 

通常のカード利用に比べるとポイント還元率は半減となるものの、税金支払いにも使えるnanacoにチャージしてポイントが貯まるヤフーカードは貴重な存在でした。

 

ただし、2020年2月1日からは、ヤフーカードでのnanacoチャージでのポイントが撤廃となりますので、ヤフーカードでチャージする旨味はありません。

 

ヤフーカードでは、2018年2月28日にnanacoチャージでのポイント還元率が半減になるという改悪がありましたが、nanacoユーザーにとってはトドメの改悪となりますね。

 

改悪でPayPayにヤフーカードは必要ない?

 

PayPayでの改悪で、ヤフーカードが必要ないと感じてしまうかも知れませんが、ヤフーカードは解約せずに保留しておくのがおすすめです。

 

PayPayでは、ヤフーカード以外のクレジットカードを登録して支払った場合、還元率1.5%のPayPayボーナスの付与はありません。

 

ですので、ヤフーカードでのポイント還元が無くても、還元率1.5%以上のクレカを使わない限り、PayPayではヤフーカードがもっともお得なクレカと言うことになります。

 

また、PayPayで頻繁に開催されるキャンペーンでは、PayPay残高、もしくはヤフーカードでの支払いで有利な還元率が設定されているケースが多くなっています。

 

ポイント2重取りができなくなってしまうのは残念ですが、PayPayのキャンペーン用にヤフーカードは残しておくべき価値のあるクレジットカードです。

PayPayから乗り換えるならどのスマホペイがお得?

改悪のタイミングで、PayPayから、ほかのスマホペイに乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

 

主要なスマホペイサービスの還元率を比較してみましょう。

 

楽天ペイ 0.5%
d払い 0.5%
LINE Pay 最大2.0%
Origami pay 最大3.0%

 

還元率で比較すると、LINE Pay・Origami payの2つのスマホペイが有利です。

 

ただし、LINE Pay・Origami payは、クレジットチャージに対応しませんので、クレジットカードでのポイント2重取りを狙うなら、楽天ペイ・d払いがおすすめです。

 

楽天ペイ・d払いの利用では、還元率0.5%でポイントが貯まりますので、還元率1.0%のクレジットカードでチャージをすればPayPayの還元率1.5%に追いつきますね!

 

さらに、d払いでは、ドコモの契約状況に応じて最大+7.0%のポイントが貯まりますので、ドコモユーザーの方にもおすすめです。

 

nanacoチャージ用の代替となるおすすめクレジットカード

今回のヤフーカードの改悪により、PayPayユーザーよりもさらに大きな打撃を受けてしまうのがnanacoユーザーです。

 

nanacoユーザーにとっては、チャージでポイントが貯まるクレジットカードは日々減少しており、ヤフーカードの代替カード探しも急がれます。

 

ここでは、nanacoチャージ用の代替カードとしておすすめできる、優秀なクレジットカードをご紹介します。

リクルートカード

4.6

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • 年会費無料カード最高クラスの高還元率
  • nanacoチャージでも還元率1.2%
  • ポイントをPontaポイントに等価交換可能

 

nanacoチャージでとにかく高還元率でポイントを貯めたい方には「リクルートカード」がおすすめです。

 

リクルートカードでは、年会費無料カード最高クラスの高還元率でポイントが貯まり、いつでも還元率1.2%でリクルートポイントを貯めることが可能です。

 

月間で合計3万円までなら、電子マネーチャージでも還元率1.2%の対象となりますので、nanacoチャージでも高還元率でポイントを貯められますよ!

 

貯まったリクルートポイントは、人気の共通ポイント「Pontaポイント」に等価交換できますので、ローソンをはじめとしたPonta加盟店で現金同様に使えます。

 

リクルートカードでは、最大10,000ポイントがもらえる入会キャンペーンも開催していますので、お得にnanaco用のクレジットカードを乗り換えちゃいましょう!

 

 

Tカードプラス

3.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費無料
アプラス発行の場合、新規発行手数料税別1,000円
国際ブランドVISA、JCB
還元率0.5〜7.5%
申込資格18歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • nanacoチャージでTポイントが貯まる
  • TSUTAYAでいつでもTポイント3倍
  • TSUTAYAレンタル会員が無料・更新不要

 

ヤフーカードからの乗り換えで、これまでどおりTポイントを貯めたいという方には「Tカードプラス」がおすすめです。

 

Tカードプラスでは、いつでも還元率0.5%でTポイントを貯めることが可能となっており、nanacoのクレジットチャージでもTポイントが付与されます。

 

さらに、TSUTAYAでのカード利用では、いつでもTポイントが3倍になる特典がありますので、TSUTAYAを利用する機会の多い方にもおすすめです。

 

Tカードプラスは、TSUTAYAのレンタル会員証が一体となっており、永年無料・更新不要でTSUTAYAのレンタル商品を利用することができます。

 

普段のお買い物はヤフーカードで、nanacoチャージとTSUTAYAでの利用はTカードプラスで、と使い分けてTポイントを貯めるのも良いのではないでしょうか。

 

 

セブンカード・プラス

4.4

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、JCB
還元率0.5〜1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 改悪のリスクがもっとも低いnanaco用クレカ
  • nanacoオートチャージ可能な唯一のクレカ
  • セブン-イレブンでいつでもポイント2倍

 

nanacoの改悪情報に振り回されて、改悪の度に代替カードを探したくないという方には「セブンカード・プラス」がおすすめです。

 

セブンカード・プラスは、nanacoと同じ「セブンカード」が発行するクレジットカードですので、nanacoチャージでのポイント付与が撤廃される可能性は限りなく低いでしょう。

 

さらに、セブンカード・プラスは、nanacoにオートチャージ設定できる唯一のクレジットカードとなっており、チャージ忘れの心配もありません。

 

セブンカード・プラスでは、nanacoのチャージで還元率0.5%のnanacoポイントが貯まりますので、貯まったポイントでnanacoチャージが可能な点も嬉しいですね。

 

セブン-イレブンやイトーヨーカドーでは、いつでもポイント還元率が2倍になる特典もありますので、nanacoとクレカ払いを上手に使い分けちゃいましょう!

 

 

セディナカード

4.3

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1000円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜0.65%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-

カードの詳細を見る

現在、受付停止中です

  • 入会3か月間はポイント3倍
  • セブン-イレブンでいつでもポイント3倍
  • チケットセディナでカード枠ゲット

 

学生や専業主婦でも作りやすいnanacoチャージ用のカードが「セディナカード」です。

 

セディナカードでは、入会後3か月間はポイント還元率が3倍になる特典があり、nanacoチャージで還元率1.5%でポイントを貯められます。

 

また、セブン-イレブンでは、いつでもポイントが3倍になりますので、毎日利用するコンビニでもお得にお買い物ができますね!

 

セディナカードの会員専用チケットサービス「チケットセディナ」は、人気のジャニーズや宝塚の舞台のカード枠の確保にも役立ちます。

 

セディナカードでは、キティちゃんデザインのカードを発行することもできますので、女性の方にもおすすめすることができますね!

 

 

 

※本サイトの表記内容は2020年10月現在の内容になります。
正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。

ヤフーカード解約時の注意点

改悪により、ヤフーカードを解約しようと思っている方は、ヤフーカードに貯まったTポイントを失効させないように注意が必要です。

 

ヤフーカードでは、自動音声による対応で即時解約をすることができますが、解約時にヤフーカードに貯まっていたTポイントは失効してしまいます。

 

Tポイントの失効を防ぐためには、解約前に別のTカードに貯まったTポイントを移行しておく必要があります。

 

また、半年以内の短期解約は、個人信用情報機関に不利な情報が残ってしまいますので、1年程度カードを使ってから解約するようにしましょう。

 

原則として、PayPayを利用するならヤフーカードを残しておくべきですが、改悪で気分的に持っておきたくないという方は注意点を確認してから解約するようにしましょう。

 

ヤフーカードの改悪ショックに備えろ!nanaco用カードの用意は早めに

ヤフーカードでは、2020年2月1日から、PayPayとnanacoのダブルでの改悪情報が発表されています。

 

  • PayPayでのポイント2重取りが不可に
  • nanacoチャージ時のポイントも撤廃
  • nanaco用カードの用意はお早目に

 

2020年2月1日から、PayPayでのヤフーカード払い、PayPay残高のクレジットチャージでのポイント付与が撤廃され、PayPayでポイントを2重取りできるカードは無くなります。

 

同時に、ヤフーカードからのnanacoチャージでのポイント付与も撤廃されますので、ヤフーカードユーザーにとっては2重で苦しい改悪ショックとなりますね。

 

PayPayでは、キャンペーン用にヤフーカードを残しておく価値はありますが、nanacoチャージ用のクレジットカード探しは急がれます。

 

ヤフーカードの改悪ショックを最小限に抑えるためにも、代替用となるクレジットカード選びは急ぎましょう!