2021年3月9日、アメックスからニューカードが登場しました。その名も「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」(以下ヒルトンオナーズアメックス)。

 

名前のとおり、「ヒルトン・オナーズ」のゴールド会員特典を無条件で利用できる特典が付帯するなど、ホテルチェーン「ヒルトン」での優待特典が多いクレジットカードです。

 

つまり世界118か国、500以上のホテルでゴールドステータスの優待が受けられるクレジットカードという訳です。しかもその年会費ときたら、税込16,500円と驚きの低価格。

 

カード会員の継続特典として、無料宿泊特典もありますので、ヒルトンユーザーなら必携とも言えるクレジットカードでしょう。

 

今回はそんなヒルトンオナーズアメックスのメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

入会特典

ヒルトンオナーズアメックスの入会特典では、最大54,000ポイントが獲得できます。

 

特典 ポイント数
入会1か月以内に3万円以上の利用 9,000ポイント
入会3か月以内に30万円以上の利用 10,000ポイント
入会6か月以内に75万円以上の利用 20,000ポイント
75万円利用時の通常利用ポイント 15,000ポイント

 

入会特典として最大39,000ポイント、75万円分の利用ポイントとして15,000ポイントの合計で54,000ポイントになります。

 

54,000ポイントは、ヒルトン東京お台場に1泊宿泊できるポイント数です。

 

さらに、2021年12月31日までヒルトングループのレストランが25%OFFになるキャンペーンも開催されています。

 

 

ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みはこちら

※申し込みにはヒルトン・オーナーズの会員番号が必要です。ヒルトン・オーナーズの会員登録はこちら

ヒルトンオナーズアメックスの8のメリット

 

ヒルトンオナーズアメックスには、ヒルトンユーザーにとって大きな魅力となる8つのメリットがあります。

 

  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で取得
  • 継続+年間150万円利用で無料宿泊特典プレゼント
  • ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンが実質無料
  • カード利用でヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まる
  • 家族カードが1枚目無料
  • 手荷物無料宅配サービスが利用可能
  • 空港ラウンジが無料で利用可能
  • スマホ決済・タッチ決済に対応

 

ひとつずつ詳細をチェックしていきましょう。

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で取得

 

「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」を取得するためには、本来であれば1年間に20回の滞在、または40泊という条件を満たさなくてはいけません。

 

しかし、ヒルトンオナーズアメックス会員は無条件でゴールドステータスを取得。以下の特典がすべて適用されます。

 

ホテル特典
  • 割引保証
  • 2人目は宿泊無料
  • スタンダードWi-Fi無料
  • デジタルチェックイン可
  • レイト・チェックアウト可
  • お部屋のアップグレード可(エグゼクティブタイプまで)
  • 朝食無料サービス付
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本付

 

80%のエリートステータス・ボーナス

獲得するすべてのヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して、80%のボーナスが自動的に加算される。

 

5泊目無料宿泊

5連泊以上の特典滞在を全額ポイントで予約した場合、5泊ごとに5泊目が無料になる。

 

以上のように部屋のグレードアップや朝食無料サービスなど、ホテル滞在時の快適さが増す特典があるほか、ポイントが貯まりやすくなり、割引も利くため、お得にホテルを利用できます。

 

ただし、家族カードにはゴールドステータスが適用されませんのでご注意ください。

 

またゴールドステータスが実際に登録・付与されるまでには、カード発行後4〜6週間ほどかかるため、すぐにはゴールドステータス特典を利用できません。

継続+年間150万円利用で無料宿泊特典プレゼント

 

ヒルトンオナーズアメックスを年間150万円以上利用した場合、カードの継続特典として、「ウィークエンド無料宿泊特典1泊分」がプレゼントされます。

 

ウィークエンド無料宿泊特典とは、金・土・日のいずれか一泊に利用できる特典です。本会員のみの適用となる点は注意ですが、丸々1日分の宿泊料がタダになる訳ですから、とてもお得な特典でしょう。

 

選ぶホテルやシーズンによっては、10万円近くも得することがあります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンが実質無料

 

ヒルトンオナーズアメックス会員は、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」を実質無料で利用できます。

 

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンに加入していると、国内17ホテルと韓国2ホテルにて、宿泊25%割引&レストラン最大20%割引の優待が受けられます。

 

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費は、通常ですと税込25,000円ですが、ヒルトンオナーズアメックス会員は税込10,000円で利用可能です。

 

また、毎年年会費の支払い後には、対象ホテルで利用できる5,000円割引券を2枚で計1万円分もらえるため、年会費をペイできるのです。

 

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン対象ホテル
地域 ホテル名
北海道 ヒルトンニセコビレッジ
関東
(全6ホテル)
ヒルトン東京
コンラッド東京
ヒルトン東京お台場
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ヒルトン成田
関西・中部
(全5ホテル)
ヒルトン大阪
コンラッド大阪
ヒルトン名古屋
旧軽井沢KIKYO
キュリオ・コレクションbyヒルトン
九州・沖縄
(全6ホテル)
ヒルトン福岡シーホーク
ヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄瀬底リゾート
韓国
(全2ホテル)
コンラッド・ソウル
ヒルトン釜山

 

宿泊込みでなく、レストランの利用だけでも割引が利きますので、お近くに対象ホテルがある方は要チェックです。

カード利用でヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まる

ヒルトンオナーズアメックスで貯められるポイントは、アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」ではなく、「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」です。

 

ヒルトン・オナーズポイントは、ヒルトン系列での利用では、利用するホテルや時期によって変動しますが、1ポイント=約0.5円で利用できます。

 

通常ですと100円につき2ポイントが貯まるので、還元率は1.0%ほどとなり、高還元カードだといえます。

 

また、ヒルトン系列で利用した場合には、1.5倍にアップ。100円につき3ポイントが貯まり、1.5%の還元率になります。

 

貯めたヒルトン・オナーズポイントは国内外の対象ホテルの予約金に充当や、宿泊料金の精算にも利用可能です。(※クレジットカードとポイントの併用可)

家族カードが1枚目無料

ヒルトンオナーズアメックスの家族カードは、通常であれば年会費が税込6,600円です。しかし、1枚目に関しては、年会費が無料。

 

以下の特典は本会員しか利用できませんが、他のヒルトンオナーズアメックスの特典は家族カードでも利用できます。

 

  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
  • 入会ボーナスポイントの付与
  • 継続特典(ウィークエンド無料宿泊特典)

手荷物無料宅配サービスが利用可能

ヒルトンオナーズアメックスでは、海外旅行の帰国時に「手荷物宅配サービス」を無料で利用できます。

 

海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個まで無料で配送されます。利用できる空港は成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(第3ターミナル)の4空港です。

空港ラウンジが無料で利用可能

 

ヒルトンオナーズアメックス会員は、国内28か所とハワイ1か所の空港ラウンジを無料で利用できます。

 

空港ラウンジは本会員と家族カード会員、さらには同伴者1名までが無料で利用可能です。

スマホ決済・タッチ決済に対応

ヒルトンオナーズアメックスは、QUICPayに対応していますので、Apple Payに登録してスマホ決済として利用できます。

 

また、カードをかざすだけで支払いができる「タッチ決済」にも対応していますので、タッチ決済対応の店舗ならカードのままでも非接触で買い物ができますよ。

こんな方におすすめ

ヒルトンオナーズアメックスのメリットを最大限活用できるのは、こちらに当てはまる方です。

 

  • ヒルトンをよく利用する方
  • 国内外で出張・旅行をする機会が多い方
  • 年間150万円以上はカードを利用する方

 

ヒルトンオナーズアメックスは、完全にヒルトンユーザー向けのクレジットカードとして作られているため、ヒルトンをよく使うかどうかが決め手でしょう。

 

無料宿泊特典は年間150万円の利用が必要ですが、ゴールドステータスは無条件で適用されますので、その目的で利用するのが一番でしょうね。

 

初年度に関しては、比較的簡単にもらえる入会特典のポイント分で年会費を大幅に上回るポイントがゲットできます。

 

そのため「使いこなせるかわからないけど、とりあえず試してみたい」方でも、気軽なお申込みが可能です。

 

ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みはこちら

※申し込みにはヒルトン・オーナーズの会員番号が必要です。ヒルトン・オーナーズの会員登録はこちら

デメリットは3つ

つづいてヒルトンオナーズアメックスのデメリットを確認していきましょう。

 

  • ポイントはホテル利用以外では価値が下がる
  • 付帯保険の補償額が少ない
  • 無料宿泊特典にはカード利用の条件がある

 

ヒルトンオナーズアメックスのデメリットはこちら3つです。

ポイントはホテル利用以外では価値が下がる

ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントは、ヒルトンでの利用以外にマイルへの移行、ギフト券や家電への交換もできます。マイル交換に関しては、40社以上に対応している点は便利でしょう。

 

しかしマイルの還元率は、「10,000ポイント=1,000マイル」とかなり低め。還元率に直すと、なんと0.1%にまで下がってしまうため、あまりおすすめできません。

 

そのほか商品への交換に関しても、還元率が5分の1以下に下がるものばかりですので、貯めたポイントはヒルトン系列のホテルで利用が無難でしょう。

付帯保険の補償額が少ない

ヒルトンオナーズアメックスは、アメックスグリーンよりも年会費が約3,000円高いです。しかしそれにも関わらず、ヒルトンオナーズアメックスに付帯する保険の補償額は、アメックスグリーンを下回ります。

 

  ヒルトンオナーズアメックス アメックスグリーン
ショッピング保険 年間200万円 年間500万円
海外旅行保険 最高3,000万円 最高5,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円 最高5,000万円

 

そのため保険の手厚さを理由にクレジットカードを選びたい場合には、ヒルトンオナーズアメックスはあまりおすすめできません。

 

ヒルトンオナーズアメックスは、あくまでヒルトン系列のホテルをお得に使うためのクレジットカードなのです。

無料宿泊特典にはカード利用の条件がある

カード継続特典としてもらえる「ウィークエンド無料宿泊特典」には、年間150万円のカード利用条件が課せられています。年間150万円ということは、月間平均では12.5万円のカード利用が必要です。

 

決して高すぎる条件ではありませんが、年会費が税込16,500円のクレジットカードにしては、条件がやや厳しい設定に感じられます。

 

無理に使わないと条件を満たせそうにないという場合には、無料宿泊特典を狙ってヒルトンオナーズアメックスを申し込むのは避けるのが無難でしょう。

 

こんな人には向かないかも…?

以上のデメリットから、「無料宿泊特典を目的として、なおかつ年間150万円のカード利用が難しい」ようであれば、ヒルトンオナーズアメックスをおすすめしません。

 

無料宿泊特典を狙うのであれば、同じくアメックス発行でマリオット系ホテルで優待を受けられる「SPGアメックス」がおすすめです。

 

 

SPGアメックスは年会費こそ税込34,100円と高めですが、継続特典として無条件で無料宿泊特典がプレゼントされます。

 

無料宿泊特典だけでも年会費以上の価値はありますので、無料宿泊特典を目的とするのなら、ヒルトンオナーズアメックスではなくSPGアメックスのほうが利用しやすいでしょう。ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

SPGアメックスについて詳しくはこちら

ヒルトンオナーズアメックスの特徴

 

ヒルトンオナーズアメックスは、ヒルトン系列のホテルやレストランを使う方におすすめのクレジットカードです。

 

ヒルトンオナーズアメックス会員は、無条件で「ヒルトン・オナーズ・ゴールド会員特典」が付与。宿泊料の割引サービスから、客室のグレードアップ、朝食無料などお得かつ豪華なサービスを受けられます。

 

またカードを利用することで「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」が貯められるのも魅力的。

 

貯まったポイントでまたお得にヒルトン系列のホテルやレストランをお得に利用できるため、むしろヒルトンを利用することがあるのなら、もっていなくては絶対に損なクレジットカードだといえるでしょう。

国際ブランド

 

ヒルトンオナーズアメックスの国際ブランドは、「アメックス」のみです。VISAやMastercardと比べてしまうと、やはり若干使えるお店が少ないと感じられるかもしれません。

 

しかし、国内であれば、JCB加盟店でもアメックスが利用できますので、使い勝手で困るということはないでしょう。

審査

ヒルトンオナーズアメックスの年会費から考えて、アメックスグリーンやアメックスゴールドと同等の審査基準だと推測できます。そのため、審査難易度は決して高くないといえるでしょう。

 

他社も含めてこれまでにカードの利用歴があり、なおかつ支払いに遅延や規約違反などがなければ、審査に通過する可能性が高いです。

限度額

ヒルトンオナーズアメックスは、一般的なアメックスカード同様、カード自体の利用限度額は「一律の制限なし」。利用者ごとに限度額を個別設定されます。

 

そのため利用実績や収入によって、申し込み時の利用限度額が20万円の人もいれば200万円の人もいるといった大幅に差がある状況です。

 

利用実績によっては1,000万円オーバーの利用限度額も可能になりますよ。

ポイントの使い道

ヒルトン・オナーズポイントは、ヒルトン系列での利用ですと、1ポイント=約0.5円で利用できます。(※利用するホテルや時期によって変動あり)

 

それ以外の使い道としては、無料宿泊特典やゴルフレッスン特典などホテル内特典のほか、レンタカーやクルーズ特典券など、さまざまなサービスや物に交換できます。

 

そのほかマイルや商品にも交換できますが、デメリットの項目でも触れたとおり、著しくポイントの価値が下がるため、あまりおすすめできません。 

付帯保険

ヒルトンオナーズアメックスの付帯保険は「ショッピング保険」「海外旅行保険」「国内旅行保険」の3つです。

 

ただしこちらもデメリットの項目で紹介したとおり、どれも保証金額がアメックスグリーンを下回ります。

年間200万円までのショッピング保険

ヒルトンオナーズアメックスのショッピング保険は、購入から90日間に渡って、商品の破損・盗難などの損害を補償してくれます。補償金額は年間最高200万円まで、免責金額は1事故につき1万円です。

 

アメックスのショッピング保険ならではのメリットとして、一般的なカードでは対象外となるスマホやタブレット類も補償対象となる点が挙げられます。

最高3,000万円の海外旅行保険

ヒルトンオナーズアメックスには、最高3,000万円の海外旅行保険が付帯します。

 

保険適用条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高30万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
家族特約 最高1,000万円

 

また、国内旅行保険(利用付帯)では、「死亡・後遺障害」のみ最高2,000万円までが補償されます。

付帯サービス

ヒルトンオナーズアメックスでは、海外旅行でも活用できる、充実したサービスが付帯します。

グローバル・ホットライン

ヒルトンオナーズアメックスでは、海外からの日本語電話サポート「グローバル・ホットライン」を利用することが可能です。

 

グローバル・ホットラインでは、24時間フリーダイヤルで海外旅行中のサポートをうけることができます。

 

レストランやホテルの予約、さらに急病・ケガの際の医療機関の案内など、海外旅行中のさまざまな手続きをトータルケアしてもらうことができます。

 

24時間体制で、日本語スタッフでのサポートをうけることができますので、安心して旅行を楽しむことができますね!

 

充実した空港特典

ヒルトンオナーズアメックスでは、充実した空港特典を利用することができます。

 

  • 空港パーキングサービス
  • 空港クロークサービス
  • 大型手荷物宅配優待特典
  • 海外用レンタル携帯電話優待

 

空港まで自家用車を利用する方の場合、駐車場料金のお得な割引をうけることができる空港パーキングサービスがお得です。

 

また、海外で必須となるレンタル携帯電話や、レンタルWi-Fiもお得な優待料金でレンタルすることができますよ!

 

ヒルトンユーザーなら、ヒルトンオナーズアメックスは必須!

ヒルトンオナーズアメックスは、ヒルトン系列のホテルやレストランをお得に利用できる特典がそろっています。

 

  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス特典でお得&気軽にワンランク上の客室に宿泊できる
  • 貯めたポイントでさらにお得にヒルトンを利用できる
  • 月12.5万円以上の利用で数万以上の宿泊費がタダになる「無料宿泊特典」をゲットできる

 

また入会特典により、最大25,000ポイントという年会費を上回るポイントがもらえるため、お試し感覚で気軽に申し込めるのがヒルトンオナーズアメックス。

 

ヒルトン系列のホテルやレストランを今年1度でも利用する予定があるのなら、ぜひ申し込んでみてください。

 

ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みはこちら

※申し込みにはヒルトン・オーナーズの会員番号が必要です。ヒルトン・オーナーズの会員登録はこちら

ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード スペック情報

申込資格20歳以上の安定した収入がある方
発行期間約2週間
年会費(本人)初年度16,500円(税込)
2年目以降16,500円(税込)
年会費(家族)初年度6,600円(税込) ※1枚目無料
2年目以降6,600円(税込) ※1枚目無料
ETCカード年会費無料
備考新規発行手数料935円(税込)
締日
支払日
支払い方法1回払い、ボーナス払い、分割払い
旅行保険海外旅行最高3,000万円
国内旅行最高2,000万円
ショッピング保険年間200万円
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド