三井住友カードから、個人事業主・法人代表者向けの新たな法人カード「三井住友カード ビジネスオーナーズ」が、2021年11月29日より発行開始になりました。

 

これまでにもあった「三井住友ビジネスカード forOwners」のカードスペックをベースにしつつも、年会費永年無料・ナンバーレスに対応し、個人カードで人気を博している「三井住友カード(NL)」の特徴を組み込んだような法人カードになっています。

 

一般カードでありながら利用限度額は最高500万円、個人カードとの2枚持ちで特定の加盟店で最大1.5%還元など独自のメリットも豊富。これからの法人カードのスタンダードになる一枚でしょう。

 

今回は、三井住友カード ビジネスオーナーズのメリットやデメリットについて紹介します。新規申込や切り替えをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

 

入会キャンペーン

最大8,000円相当のVポイントプレゼント

 

三井住友カード ビジネスオーナーズの6つのメリット

 

三井住友カード ビジネスオーナーズの個人事業主・法人代表者の方に嬉しいメリットはこちら6つです。

 

  • 年会費永年無料
  • ETCカードは年会費実質無料
  • 謄本・決算書不要で申込可能
  • 個人カードとの2枚持ちで最大1.5%還元
  • 限度額は最高500万円
  • 安心・安全のナンバーレス

年会費永年無料

三井住友カード ビジネスオーナーズは、大きな特徴として年会費永年無料の法人カードであるということがまず挙げられるでしょう。

 

三井住友カードが発行する法人カードとしては初の年会費無料という点でも、注目を集めています。

 

本カード 永年無料
追加カード(19枚まで) 永年無料

 

個人カードでは年会費無料のカードはたくさんありますが、法人カードではほとんどありません。あったとしても、初年度のみだったり、ポイント還元がなかったりとそれなりのリスクを伴います。

 

そのような状況で今回、銀行系カード会社である「三井住友カード」が年会費無料の法人カードをリリースしたことは、もはや革新的。

 

社員用の追加カードも19枚まで年会費永年無料として発行可能なので、小・中規模の法人でも利用しやすい法人カードとなっています。

 

三井住友カードの法人カードの年会費比較

三井住友カードには3種類の法人カードがありますが、年会費は以下のように異なります。

 

三井住友カード ビジネスオーナーズは、社員用の追加カードも含めて年会費永年無料なので、追加カードの発行枚数が多いほどカードコストのお得さが顕著になるでしょう。

 

カード名 申込対象 本カード 追加カード
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
個人事業主
法人代表者
永年無料 永年無料
三井住友
ビジネスカード
for Owners
個人事業主
法人代表者
1,375円(税込)
※初年度無料
(オンライン入会)
440円(税込)
三井住友
ビジネスカード
法人のみ 1,375円(税込) 440円(税込)

ETCカードは年会費実質無料

三井住友カード ビジネスオーナーズのETCカードは、年会費実質無料として利用できます。

 

初年度 無料
2年目以降 550円(税込)
※年1回以上のETC利用で翌年度無料

 

2年目以降は年会費がかかりますが、前年に1回以上のETC利用があれば無料になります。新規発行手数料無料は無料です。

 

ETCカードを発行した法人・個人事業主の方がETCを年1回も使わないということはあまりないと思うので、実質無料で利用できるのは嬉しいですね。

謄本・決算書不要で申込可能

三井住友カード ビジネスオーナーズは、申し込みの際に謄本や決算書は不要です。申込者個人の信用情報を元に審査をするので、免許証1枚だけで申し込みができます。

 

企業の実績は問われないため、スタートアップ法人や独立して間もない個人事業主の方でも申し込みできる法人カードとなっています。

 

発行期間も最短3営業日とスピーディー。郵送期間も含めて約1週間で手元に届きます。はじめての法人カードに最適の一枚です。

個人カードとの2枚持ちで特定の加盟店利用で最大1.5%還元

三井住友カード ビジネスオーナーズは、カード利用200円につきVポイントが1ポイント付与されます。1ポイント=1円で利用できるので通常還元率は0.5%です。

 

カード独自の特徴としては、「三井住友カード(NL)」などの三井住友カードの個人用プロパーカードと2枚持ちをすれば、特定の加盟店での利用で還元率が最大1.5%にアップされる特典があります。

 

※ポイント最大1.5%還元の加盟店や利用条件等の詳細については、公式ホームページをご確認ください。

限度額は最高500万円

三井住友カード ビジネスオーナーズのカード利用限度額は最高500万円です。

 

法人カードの利用限度額は、一般カードで100万円程度、ゴールドカードクラスで300万円が一般的といわれています。「三井住友ビジネスカード for Owners」でも最高150万円です。

 

三井住友カード ビジネスオーナーズの最高500万円はとてもパワフルなので、経費の支払いが多い事業であっても利用しやすいでしょう。

 

ただし、実際の利用限度額は審査によって個別に設定されます。初期利用可能額が低い場合でも、利用実績を積むことで申請による限度額の増額が可能です。

安心・安全のナンバーレス

三井住友カード ビジネスオーナーズは、個人カード「三井住友カード(NL)」と同様、カードの表にも裏にもカード番号が記載されていない完全ナンバーレスタイプです。

 

カード番号の確認にはVpassアプリを利用するため、盗み見による不正利用を防げます。

 

三井住友カードは元々、VISAから表彰されるほどセキュリティ面に力を入れているカード会社ですが、ナンバーレスによりさらなる安心感を得られるでしょう。

 

なお、Vpassアプリではカードごとの利用明細も確認できます。社員用追加カードを利用する場合でも、個人や業務ごとの支出が把握しやすいでしょう。

こんな方におすすめ

三井住友カード ビジネスオーナーズは、以下に当てはまる方ほどニーズに合致する法人カードといえるでしょう。

 

  • 年会費無料の法人カードが利用したい方
  • 起業・独立間もない事業者の方
  • ETC、飛行機の利用が多い方

 

中でも、年会費無料の法人カードに惹かれるのであれば、三井住友カード ビジネスオーナーズはとても魅力的です。

 

年会費無料でありながら、社員用の追加カードを19枚まで無料発行でき、カード利用限度額も500万円と高め。

 

ETCカードの年会費も実質無料ということで、幅広い個人事業主や中小企業で使いやすいカードスペックとなっています。

 

デメリットは2つ

三井住友カード ビジネスオーナーズには以下のような2点のデメリットがあります。

利用にはスマホが必要

三井住友カード ビジネスオーナーズは完全ナンバーレスのため、カード番号を確認するためのスマホが必須です。

 

スマホが何らかの事情で利用できない場合には、申し込み・利用にスマホが必要ない「三井住友ビジネスカード for Owners」を利用しましょう。

ショッピング保険は付帯しない

三井住友カード ビジネスオーナーズには、ショッピング保険が付帯しません。

 

個人用でも法人用でも、「一般カード」にランクされるカードでは、ショッピング保険は海外利用分のみが対象で、国内利用は対象外という場合が多いです。

 

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、ショッピング保険自体が付帯しないため、海外で仕入れた商品を売買する事業などではネックとなり得るため、いささかデメリットだといえるでしょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersとの違い

三井住友カードで個人事業主・法人代表者向けの法人カードといえば「三井住友ビジネスカード forOwners」もあります。

 

三井住友ビジネスカード for Owners

 

三井住友カード ビジネスオーナーズとの違いを比較しますので、どちらがあなたの事業に合っているかを確認してみてください。

 

  三井住友カード
ビジネスオーナーズ

三井住友ビジネスカード
for Owners

年会費 永年無料 初年度無料(オンライン入会)、
2年目以降1,375円(税込)
社員用追加カード 永年無料 440円(税込)/枚
ETCカード 初年度無料、2年目以降550円(税込)
※前年1回以上の利用で翌年度無料
カード番号 ナンバーレス 表面に記載
スマホ利用 必須 必要なし
利用限度額 最高500万円 最高150万円
申込資格 20歳以上の個人事業主・法人代表者
発行スピード 最短3営業日
ショッピング保険 なし 年間100万円
(海外利用分のみ)
海外旅行保険 最高2,000万円
ビジネスサポート
サービス
あり

 

年会費としては、社員用の追加カードも含めて永年無料の三井住友カード ビジネスオーナーズが圧倒的にお得です。

 

また、決済額の多い事業であれば、利用限度額の最高額が「三井住友ビジネスカード forOwners」の倍であることは見過ごせません。

 

スマホ利用やショッピング保険などが問題ないのであれば、三井住友カード ビジネスオーナーズがおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴

 

三井住友カード ビジネスオーナーズは、本カード・追加カードともに年会費永年無料の法人カードです。

 

それでいて利用限度額は最高500万円と、一般法人カードの標準を大きく上回るのが特徴。起業したての法人や個人事業主はもちろん、事業を拡大中でも利用しやすく、長く使い続けられる法人カードです。

 

完全ナンバーレスであることからセキュリティ性が高く、法人カードに求められる安全性も確保できるでしょう。

 

そのうえ、申し込み時には謄本や決算書といった企業実績を示す書類は一切不要。必要なのは個人証明書だけという気軽さも兼ね備えています。

国際ブランド

三井住友カード ビジネスオーナーズの国際ブランドは「VISA」「Mastercard」から選択できます。

 

どちらの国際ブランドも世界的に加盟店数の多く、機能的な違いはないので、どちらを選んでも特に違いはありません。

ポイントの交換先・お得な使い道

三井住友カード ビジネスオーナーズの利用で貯まるVポイントは、1ポイント=1円相当として多様な使い道に利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
Vポイントアプリチャージ 1ポイント 1円
キャッシュバック 1ポイント 1円
VJAギフトカード 5,000ポイント 5,000円分
楽天ポイント 500ポイント 350ポイント
dポイント 500ポイント 500ポイント
Tポイント 500ポイント 400ポイント
Pontaポイント 500ポイント 400ポイント
nanacoポイント 500ポイント 400ポイント

 

Vポイントアプリでは、1ポイント=1円として、ネット通販やApple Pay(iD)・Goole Pay(VISAタッチ決済)でも利用できるので、お得にショッピングにも活用できます。

 

また、1ポイント=1円のキャッシュバックとして、支払い金額に充当させることができます。

 

お得に利用したいのであれば、Vポイントアプリやキャッシュバックとしての利用がおすすめです。

 

付帯保険

三井住友カード ビジネスオーナーズには、海外旅行保険のみが付帯します。

最高2,000万円の海外旅行保険

保険適用条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療 最高50万円
疾病治療 最高50万円
携行品損害 最高15万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円

 

三井住友カード ビジネスオーナーズの海外旅行保険は、一般的に使用頻度の高い傷害・疾病治療の保障額が最高50万円と低めの設定です。

 

この保険さえあれば十分とは言えないため、旅行用には別のカードを用意することをおすすめします。

付帯サービス

三井住友カード ビジネスオーナーズには、ビジネスにも有利に利用できる便利なサービスが付帯します。

ビジネスサポートパックでビジネス経費を節約できる

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、ビジネスサポートパックでさまざまなビジネス経費を節約することが可能です。

 

ビジネスサポートパックでは、

 

  • アスクル
  • DHLエクスプレス
  • 日産レンタカー・タイムズカーレンタル
  • アート引越センター

 

など、ビジネスに必要なさまざまな経費を節約することができます。

 

消耗品やビジネス宅配など、ランニングコストとして必要な経費での優待をうけることができますので、ビジネスの経費削減に大きな効果を発揮してくれます。

 

ビジネスにおいて、経費節約は売上をアップさせるのと同義の効果がありますので、賢く使いたい優待ですね!

エアライン&ホテルデスクで出張の手配にも便利

エアライン&ホテルデスクでは、出張の際に手間になる航空券・ホテルを簡単に手配することができます。

 

エアライン&ホテルデスクでは、電話・インターネットのどちらでも国際線航空券と海外ホテルの予約が可能です。

 

出張の際の航空券、ホテルの手配は手間がかかってしまう雑務ですので、電話・インターネットで簡単に出張の手配をすることができるのは嬉しいですね!

航空券チケットレス発券サービスでスマートな出張手配

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、航空券チケットレス発券サービスでスマートに出張を手配することができます。

 

航空券チケットレス発券サービスでは、

 

  • ANA@desk
  • JAL ONLINE

 

のいずれかのサービスを利用することが可能となっており、24時間365日インターネットで航空券を手配することができます。

 

予定の変更やキャンセルもオンラインで簡単に変更できますので、予定の変更の起こりやすいビジネス出張でも便利に使えるサービスですね!

VJデスクで海外出張中のサポートも万全

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、世界の主要都市に設置された海外アシスタンスサービス「VJデスク」を利用することができます。

 

VJデスクでは、現地の日本語スタッフが対応してくれますので、海外に不慣れな方にも安心のサポートをうけることができます。

 

現地の交通機関や加盟店の案内や、さらにレストラン・オプショナルツアーの手配も対応してくれますので、現地の言語に自信が無い方にも便利なサービスですね。

 

カードやパスポートの紛失などの緊急時の対応も行ってくれますので、海外出張の際にはVJデスクの場所を把握しておきましょう。

VJトラベルデスクで5%オフで出張手配

VJトラベルデスクでは、大手旅行代理店のパッケージツアーをお得な優待価格で利用することができます。

 

国内外のパッケージツアーを最大5%オフで利用することができますので、海外出張の際にもお得な価格でツアーを手配することが可能です。

 

VJトラベルデスクは電話での申込みとなっていますので、オンラインでの申込みが不安な方でも安心してサービスを利用することができますね!

福利厚生代行サービスで社員の福利厚生もバッチリ

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、約120万件の優待サービスを利用できる「福利厚生代行サービス」を利用することができます。

 

福利厚生代行サービスでは、

 

  • グルメ
  • トラベル・レジャー
  • ショッピング

 

など、さまざまな福利厚生のサービスを、月々352円(税込)の少額の経費で利用することが可能です。

 

ビジネスのうえでは、お客様満足と同様に従業員満足を高めていくことも重要ですので、低コストで社員の福利厚生を充実させることができるのは嬉しいですね。

 

福利厚生代行サービスの会費は損金に計上することができますので、お得に福利厚生を利用することができますね!

エクスプレス予約は出張の必須のサービス

三井住友カード ビジネスオーナーズでは、ビジネスでは必須となるエクスプレス予約のサービスを利用することができます。

 

エクスプレス予約では、東海道・山陽新幹線のチケットをオンラインで予約することができます。

 

乗車の際にも専用のEXカードでスマートに乗車することができますので、混み合った券売機・窓口に並ぶことなくチケットレスで新幹線を利用することができますよ。

 

エクスプレス予約では、いつでもお得な会員料金で利用することができますので、新幹線での出張が多い法人にもおすすめのサービスです!

 

 

これからの法人カードのスタンダード「三井住友カード ビジネスオーナーズ」

三井住友カード ビジネスオーナーズは、年会費永年無料・申し込みしやすい・ポイントアップ特典ありといった特典が充実した、これからのスタンダードとなる法人カードです。

 

  • 本カード、追加カードともに年会費永年無料
  • 申し込みに謄本・決算書不要
  • 個人カードとの2枚持ちでポイントアップ特典あり

 

数少ない年会費永年無料の法人カードであるばかりか、信頼性の高い三井住友カードの発行なので、これほどお得&安心して利用できる法人カードもないでしょう。

 

年会費永年無料かつ審査で企業実績が問われないので、はじめての法人カードにもおすすめですよ!

 

三井住友カード ビジネスオーナーズの申込みはこちら

 

三井住友カード ビジネスオーナーズ スペック情報

申込資格満20歳以上の個人事業主または法人代表者の方
発行期間最短3営業日
年会費(本人)初年度永年無料
2年目以降永年無料
年会費(家族)初年度永年無料
2年目以降永年無料
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降550円(税込)※年1回以上の利用で翌年度無料
備考
締日15日 もしくは 末日
支払日翌月10日 もしくは 翌月26日
支払い方法
旅行保険海外旅行最高2,000万円
国内旅行
ショッピング保険
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社三井住友カード株式会社