国民年金基金連合会

老後のために、いま、できる、こと。イデコ
基礎から学ぶ!iDeCo体験シンポジウム基礎から学ぶ!iDeCo体験シンポジウム
詳細とセミナーお申し込みはこちら詳細とセミナーお申し込みはこちら

iDeCo(個人型確定拠出年金)ってなに?

自分で入る、自分で増やす、もうひとつの年金「イデコ」

私たちの「老後」は、
20年以上あるといわれています。
豊かな老後を過ごすためには、
今から備えをはじめることが大切です。

「iDeCo」は、任意で申し込むことにより
公的年金にプラスして給付を受けられる
私的年金のひとつです。
国民年金や厚生年金と組み合わせることで、
より豊かな老後生活を送るための
一助となります。
加入者自らが掛金を支払い、
自らが運用を行い、
掛金とその運用益との合計額をもとに
給付を受けることができます。

これまでの加入対象者は、
自営業者の方や企業にお勤めの方の
一部に限られていましたが、

平成29年1月から、企業年金を実施している企業にお勤めの方*や専業主婦の方、公務員を含め、基本的に公的年金制度に加入している60歳未満のすべての方が加入できるようになりました。*企業型確定拠出年金の加入者はお勤め先の企業が規約でiDeCoへの加入を認めている場合のみ、加入可能となります。

iDeCoでは、
掛金を60歳になるまで支払い、
60歳以降に、
老齢給付金を受けることができます。

積立期間 ※「元本確保型」の商品もありますが投資信託等の商品の場合は元本を下回る可能性もあります。

受給開始年齢は、
加入期間等に応じて決まります。

加入期間等に応じた受給開始年齢

※70歳に達する前に傷病によって
一定以上の障害状態になった加入者等が、
傷病が続いた状態で
一定期間(1年6ヶ月)を経過した場合には、
障害給付金が受給できます。

※加入者等が死亡した場合には、
その遺族が死亡一時金を受給できます。

更に詳しく知りたい方は
国民年金基金連合会のホームページにて
ご確認ください。

iDeCoのイイコト

3つの税制メリット!

1.掛金が全額所得控除!

毎月の掛金が仮に1万円の場合、
その全額が所得控除の対象となり、
所得税(20%)、住民税(10%)とすると
年間3万6000円、税制優遇されます。※ただし、口座管理手数料等は
金融機関によって
異なります。
※所得税・住民税の税率は、
所得金額に
応じて異なります。

2.運用益も非課税で再投資!

通常、金融商品を運用すると、
運用益に課税されますが
(源泉分離課税20.315%)、
「iDeCo」なら非課税で
再投資されます。

3.受取るときも大きな控除!

「iDeCo」は年金か一時金で、受け取り
方法を選択することができます。
(金融機関によっては、年金と一時金を
併用することもできます。)
年金として受け取る場合は
「公的年金等控除」、一時金の場合は
「退職所得控除」の対象
となります。

※税制については、国税庁HPをご参照ください。
源泉分離課税公的年金等控除退職所得控除

掛金を少額から自分で決められる!

「iDeCo」は月々5,000円からはじめられ、
掛金を1,000円単位で自由に
設定できます。資金に余裕のない方でも、
ご自身のライフスタイルに合わせた
無理のない負担で老後に
備えることができます。※個人の状況により、掛金の限度額は異なります。
※掛金額は、年1回変更できます。

iDeCoの加入範囲の拡大と拠出限度額について

転職時も安心!

例えば、結婚して会社員から
専業主婦になったり、
転職して自営業に変わったとしても、
引き続き「iDeCo」の加入者と
なり続けることができ、掛金を支払い、
資産を運用することができます。※転職し、企業型確定拠出年金に新たに加入する場合、
その企業が規約でiDeCo加入を認めていないと
iDeCoに加入できません。

転退職に伴う年金資産移換等早見表

(留意点)
  • 課税所得がない方は、掛金の所得控除は受けられません。
  • 所得控除は、本人の所得からのみ控除されます。配偶者の所得からは控除されません。
  • 運用時には、別途、特別法人税が課されますが、現在まで課税が凍結されています。

さあ、iDeCoをはじめよう!

iDeCoには金融機関(運営管理機関)を通じて申し込むことができます

金融機関のコールセンターに相談!金融機関のWebサイトで確認!

金融機関を選ぼう!

様々な金融機関がiDeCoを
取り扱っています。
金融機関ごとに、
加入時や毎月の口座管理等に
かかる手数料、
取り扱う運用商品が異なりますので、
よく比較しましょう。※不明な点は、金融機関のWebサイトをご覧になるか、コールセンターに
お問い合わせください。

「個人型確定拠出年金」iDeCo運営管理機関等を確認!

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 証券会社
  • 信託銀行
  • 保険会社
  • 投信会社
  • 専業会社

掛金を決めよう!5,000円からはじめられます。

iDeCoは月々5,000円から1,000円きざみで
掛金を設定できます。※本人の状況により掛金の限度額が異なります。
※掛金額は、年1回変更できます。

iDeCoの加入範囲の拡大と拠出限度額について

商品を選ぼう!

運用商品の中には、
預貯金・保険などの元本が
確保されるような
金融商品や、投資信託などの
運用成績によって利益や損失が発生する
金融商品がありますので、
商品の特徴をよく理解した上で
選択してください。選択した商品は、
原則いつでも変更することができます。

申込用紙に記入&返送!

金融機関から送付された
加入申出書を記入し、
必要書類とともに返送することで
手続き完了です。
会社員や公務員などの
厚生年金の被保険者は、
申し込みにあたってお勤め先の事業主に
証明書を記入してもらう必要があります。

留意事項

  • 資産の運用は加入者ご自身の責任で行われ、受け取る額は運用成績により変動します。
  • 運用商品の中には、元本が確保されない商品もありますので、商品の特徴をよく理解した上で選択してください。
  • iDeCoは、老後の資産形成を目的とした私的年金制度であるからこそ、税制の優遇が行われることとなっています。このため原則60歳まで資産を引き出すことはできませんので、ご注意ください。
  • 加入期間等に応じて受給できる年齢が決まります。
  • 手数料がかかります(金融機関や商品によって異なります。)

よくあるご質問

ご相談・お問い合わせ

iDeCoに関する一般的なご相談や
お問い合わせは、
お気軽にイデコダイヤルで!

イデコダイヤル 0570-086-105050ではじまる電話でおかけになる場合は
045-330-8120(一般電話)

受付時間 /
平日 10:00~20:00
土・日・祝日 10:00~16:00

  • ご加入のお申し込みはできません。お申し込みは運営管理機関へ。
  • ナビダイヤルは、一般の固定電話からおかけになる場合は、
    全国どこからでも市内通話料金でご利用頂けます。
    ただし、一般固定電話以外からおかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。
  • 045-330-8120におかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。

TOP