クレジットカードの審査に通過することができずに悩んでいる方に、朗報となる「ライフカード」の発行が開始されました。

 

今回発行された年会費有料版のライフカードは、審査に自信のない方向けに特化した独自の審査基準が採用されています。

 

直近3か月以内に他のクレジットカードの審査に落ちてしまった方や、支払いに延滞のある方でも審査通過の可能性のあるカードなのですね!

 

今回は、クレジットカード審査に悩む方の切り札となるカード、年会費有料版ライフカードの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

ライフカード(スマート審査)の申込みはこちら

ライフカードはここがスゴい!

 

  • 独自の審査基準で審査通過率がアップ!
  • 個別審査で過去に延滞がある方でも審査通過の可能性がある
  • 充実の補償・最強のポイントプログラムを利用可能

 

ライフカードは、独自の審査基準で審査が行われ、審査に自信がない方でも審査の通過率をアップさせることができるカードです。

 

手厚い海外旅行保険や貯めやすいポイントプログラムなども優秀で、「作れるカード」というだけではなく「使えるカード」として持つことができるのですね!

こんな方におすすめ

  • 過去3か月以内にクレジットカードの審査落ち経験のある方
  • 過去にクレジットカードの延滞がある方
  • カードの利用でお得にポイントを貯めたい方

 

過去3か月以内にクレジットカードの審査落ちの経験のある方や、延滞の履歴が残っている方にはライフカードを強くおすすめします!

 

ライフカードは申込者個別に審査が行われ、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向にあります。

 

審査落ちを繰り返している方にも、審査通過の可能性のある慈悲深いカードとなっているのですね!

 

こんな人には向かないかも…?

年会費無料のクレジットカードの審査にスムーズに通過することができる方には、ライフカードは不向きです。

 

ライフカードは審査にどうしても通過したい方に特化したカードとなっており、カード特典などは年会費無料のカードと同等です。

ライフカードの特徴

今回発行されたライフカードは、独自の審査基準で発行されている、審査通過率に特化したクレジットカードとなっています。

 

ライフカードといえば、バランスの取れたカード構成やお得なポイントプログラムで、専業主婦の方などにも人気のクレジットカードです。

 

年会費有料版のライフカードでは、ライフカードの基本の特典や手厚い海外旅行保険を利用することが可能となっており、メインカードとしても充分に利用できるカードとなっています。

 

審査通過率の高いクレジットカードを選択する場合には、特典や機能に我慢が必要と思っている方も多いでしょう。

 

ライフカードでは、作ったあともお得に利用することができる、バランスの取れた優秀なクレジットカードとなっているのですね!

国際ブランドはMastercardのみ

ライフカードの国際ブランドはMastercardのみです。

 

Mastercardは、国際ブランドの加盟店のシェアでVISAに次いで世界2位のシェアを誇り、国内外の幅広い加盟店でカードを利用することができます。

 

Mastercardブランドを持つことで、人気の「コストコ」での利用でポイントを貯めることも可能となっています。

 

年会費は税別5000円・家族カード・ETCカードも発行可能

ライフカードの年会費は税別5,000円となっており、ETCカードは無料で発行することが可能です。

 

初年度の年会費のみ、カード受け取り時に代金引換で支払う形となっており、2年目以降は、通常のクレジットカードと同じく口座振替での支払いとなります。

 

カードの受け取り時に初年度の年会費を支払う必要がありますので、カードを受け取る際には現金を用意しておくようにしましょう。

 

家族カードとETCカードは入会後コールセンターへのTELで発行可能!

ライフカードでは、家族カード・ETCカードといった追加カードは同時申込みが不可となっており、入会後にコールセンターに申込みをすることで発行が可能です。

 

ライフカードの公式ページには、家族カードについての表記はありませんが、コールセンターに確認したところ年会費無料で追加が可能ということでした!

独自の審査機関で審査通過率がアップ!

ライフカードの申込資格は高校生を除く18歳以上の方となっており、申込窓口の非常に広いカードです。

 

ライフカードの審査では、1人1人の状況に合わせた審査が行われます。

 

審査に不安がある方の場合でも、審査通過の可能性をアップさせることができますので、審査落ちの経験のある方に最適なカードとなっています。

 

クレジットカードの審査基準「3C」を知っておけば審査は怖くない!」でも解説しているように、

 

  • キャパシティ(capacity)
  • キャラクター(character)
  • キャピタル(capital)

 

の、「3つのC」がクレジットカードの審査の際には重視されます。

 

返済能力であるキャパシティが重視されるのはもちろん、これまでのクレジットカードの利用の傾向などのキャラクターも、通常のクレジットカードの審査では重視されます。

 

ライフカードでは、個別の申込者の現在の返済能力が審査の基準になるので、過去の信用情報で審査に不利になることが少ないのですね。

 

ライフカードでは、カードの到着まで平均して3週間程度必要ですので、申込みの際には余裕を持って申込みをするようにしましょう。

 

ここがポイント!

ライフカードでは独自の審査基準で審査が行われるのが最大のメリットとなっており、親会社の「アイフル」の審査基準が採用されていることが推察できます。

 

 

ライフカードは、消費者金融大手のアイフル傘下のクレジットカード会社となっています。

 

老舗カードローン会社としての豊富な経験を元に、ライフカードもアイフル独自の審査基準で審査が行われていると考えるのが自然でしょう。

 

  • 直近3か月以内に審査落ち
  • 過去にクレジットカード代金の延滞の履歴あり

 

こうした属性の方の場合は、通常のクレジットカードの審査を通過すること非常に厳しくなっています。

 

アイフルの独自審査機関で、個別に審査を行うライフカードなら、審査通過の確率がグンと上がりますよ!

 

限度額は一般カードとしては高額の最高200万円

ライフカードの限度額は、10万円〜200万円の間で申込者個別の年収や信用情報によって設定されます。

 

専業主婦や低所得の方の場合は、10万円〜30万円の初期利用限度額が設定されるケースが多くなっていますが、最初から100万円の限度額が設定されたケースもあります。

 

仮に初期利用限度額が少なかった場合でも、遅延のない返済を続けていれば限度額を増額することも可能です。

 

基本の還元率は利用金額に応じて最大1.0%にアップ!

ライフカードの通常還元率は0.5%となっています。

 

ライフカードの利用では、1,000円に1ポイント(5円相当)の「サンクスポイント」を貯めることが可能です。

 

ポイントは毎回の利用金額に対して付与されますので、毎回最大999円の端数がポイントにならずに切り捨てられてしまう点には注意が必要です。

 

au WALLETプリペイドカードのチャージでも、通常のクレジットポイントと同じく0.5%の還元率で利用することができます。

 

また、iDを搭載しており、Apple Payの登録用のカードとしても利用できますので、iPhoneタッチでのスマート決済にも対応しているのですね。

 

ライフカードでは、年間の利用金額に応じて次年度のポイント還元率がアップする特典があります。

 

年間利用金額 ステージ名 ポイント倍率 還元率
50万円未満 レギュラーステージ 1.0倍 0.5%
50万円以上 スペシャルステージ 1.5倍 0.75%
100万円以上 ロイヤルステージ 1.8倍 0.9%
200万円以上 プレミアムステージ 2.0倍 1.0%

 

このように、年間200万円以上の利用で最大2倍・1.0%還元で翌年1年間カードを利用することが可能です。

 

年間200万円の利用はキツいという方の場合でも、年間50万円以上の利用で次年度0.75%還元になる特典があり、利用金額に合わせた特典をうけることができます。

 

さらに、年間利用金額が50万円以上になると300ポイントのボーナスポイントが付与される特典があり、使えば使うほどお得になるカードとなっているのですね。

 

ポイントの有効期限が長い!

サンクスポイントの有効期限は最長で5年間となっており、ポイントの有効期限の長さも大きなメリットです。

 

ライフカードの利用で獲得したポイントは、獲得日から2年目までは自動的にポイントが繰り越しされます。

 

2年目以降は、会員ページから毎年1回「ポイント繰越」を応募することで最大3年間の繰越が可能となり、最長で5年間の有効期限で利用することができます。

 

クレジットカードのポイントの有効期限は1年間というカードも多くなっていますので、ポイントの有効期限の長さは強みですよね!

初年度ポイント1.5倍・誕生日月は3倍とガンガンポイントが貯まる

ライフカードでは、

 

  • 入会初年度は1年間ポイントが1.5倍
  • 誕生日月には1か月間ポイント3倍還元

 

と、ポイントアップの特典が充実しています。

 

初年度は1年間無条件で0.75%還元でカードを利用することが可能となっており、誕生日月は1か月間1.5%の高還元率カードに進化します。

 

誕生日月の自分へのプレゼントの購入でも、ガンガンポイントを貯めることが可能となっているのですね!

L-Mallでネット通販もお得!

 

ライフカードでは、会員専用のインターネットモール「L-Mall」経由での利用で、人気のネット通販でポイントアップする特典があります。

 

ポイントアップ倍率はショップによって異なります。

 

楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
LOHACO 3倍
ヤフオク! 2倍
エクスペディア 6倍
楽天トラベル 2倍
じゃらん 2倍

 

このように、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの人気のショップでポイント2倍の特典をうけられますので、1.0%還元でお得にネットショッピングを楽しむことが可能です。

 

ライフカードの会員サイトからL-Mallを経由するだけで、いつもどおりネット通販を利用すればポイントアップの特典をうけられます。

 

ネットショッピングだけではなく、旅行・ホテルの予約サイトなどもポイントアップ対象となっており、旅行の予約でもお得にポイントを貯めることが可能です。

ポイントの交換先・お得な使い道

ライフカードの利用で貯めることができるサンクスポイントは、1ポイント=5円としてさまざまな用途に交換することができます。

 

サンクスポイントの交換先をまとめます。

 

  必要ポイント 交換先
Amazonギフト券 1,000ポイント 5,000円分
JCBギフトカード 1,000ポイント 5,000円分
楽天ポイント 300ポイント 1,500ポイント
dポイント 300ポイント 1,500ポイント
au WALLETポイント 300ポイント 1,500ポイント
ANAマイル 300ポイント 750マイル

 

このように、サンクスポイントは各種商品券・共通ポイントに、1ポイント=5円として交換することが可能です。

 

ライフカードではさまざまなボーナスポイントでポイント還元率がアップする特典がありますので、ポイントの使い勝手の幅が広いのは嬉しいですよね。

 

サンクスポイントでは、ANAマイルにもポイントを交換することができますので、余裕のある有効期限でゆっくり貯めたポイントでマイルを交換することも可能です。

最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯!

 

ライフカードでは、自動付帯で最高2,000万円の手厚い海外旅行保険が付帯します。

 

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療 最高200万円
疾病治療 最高200万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円

 

海外旅行の際の急病やケガに備えることができる傷害・疾病治療の補償も最高200万円と手厚くなっており、海外旅行の際の万が一に備えることが可能です。

 

カードを保有しているだけで補償をうけられる自動付帯となっていますので、旅行代金をライフカードで支払っていない場合でも補償の対象となります。

 

他の海外旅行保険が自動付帯のカードと併用して、傷害・疾病治療の補償金額をさらに上乗せして利用することも可能です。

 

また、ライフカードでは、利用付帯で最高1,000万円の国内旅行保険も付帯します。

シートベルト傷害保険

 

ライフカードでは、最高200万円のシートベルト傷害保険が付帯します。

 

日本国内で自動車搭乗中に、シートベルトを着用していた場合の事故が補償の対象です。

 

運転中の事故で、死亡・重度後遺障害を負ってしまった場合に、最高200万円の補償をうけることが可能となっています。

 

自動車を運転中には、自分が気を付けていても事故の危険性がありますので、万が一の事故に備えることができるのは嬉しいですよね。

ライフカードの付帯サービス

ライフカードの付帯サービスでは、

 

  • 充実した海外特典
  • 弁護士による無料相談サービス
  • ライフスタイルのお得な優待サービス

 

などの充実したサービスをうけることが可能です。

 

ここでは、ライフカードの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

海外デスクをはじめとした充実の海外特典

ライフカードでは、海外の主要都市に設置された海外アシスタンスデスク「LIFE DESK」で、海外旅行のサポートをうけることができます。

 

LIFE DESKでは、現地の日本語スタッフによる対応をうけることが可能となっており、現地の交通機関や加盟店のインフォメーションを利用することができます。

 

それだけではなく、カードやパスポートの紛失などのエマージェンシーサービスを利用することができますので、海外旅行の際の心強いパートナーとなってくれるのですね。

 

また、ライフカードでは「リロの旅デスク」で、国内外のパッケージツアーを最大8%オフで予約することができる特典があります。

 

旅行の予約の段階から現地滞在中までお得に利用することができますので、手厚い海外旅行保険と合わせて海外旅行に活用することができるのですね。

 

ここに注目!

海外デスクでは、インフォメーションサービスだけではなく、一部有料にはなりますがレストランやオプショナルツアーの手配も利用することができます。

 

海外旅行初心者の方で、現地でのレストランの手配などに自信がない方にも、安心して利用できるサービスとなっているのですね!

弁護士無料相談サービス

 

ライフカードでは、自分では解決できない問題を弁護士に相談することができる「弁護士無料相談サービス」が付帯しています。

 

ライフカードと提携する、弁護士法人港国際グループでの法律相談が1時間無料となっており、電話・または面談による相談をすることが可能です。

 

面談での相談の場合、

 

  • 東京
  • 神奈川
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

 

の、いずれかの事務所で面談をうけることができます。

 

クレジットカードの付帯サービスとして、弁護士無料相談サービスが付帯しているのはレアですので、過払い金の相談など法律的な相談にも活用することができるのですね!

ライフカード優待サービスで引っ越しもお得!

 

ライフカードでは、ライフスタイルに関するさまざまなサービスでお得な優待割引をうけることができます。

 

優待割引ではサカイ引越センターでの20%オフの優待も利用することができますので、引っ越しの予定のある方にもお得な優待をうけることができます。

 

サカイ引越センターでは、割引優待だけではなくお米1kgプレゼントの特典も利用ありますので、お得に引っ越しをすることができるのですね。

 

ライフカードの2つのデメリット

ライフカードにもデメリットが2つありました。

高額な年会費

ライフカードのデメリットが、税別5000円という高額な年会費です。

 

たしかに、一般カードとしての年会費と比べると、格安ゴールドカード並みの税別5000円という年会費は高額に感じてしまいます。

 

しかし、その年会費以上に、ライフカードの審査通過率の高さがデメリット以上のメリットを感じさせてくれるのではないでしょうか。

キャッシング機能なし

また、ライフカードはショッピング専用カードとなっており、キャッシング機能を利用することはできません。

 

こちらも、普段からキャッシングを利用しない方はデメリットと感じませんね。

 

キャッシングを利用したい方の場合は、アコムが発行するACマスターカードなどがおすすめです。

 

こちらもライフカード同様に独自の審査機関で個別に審査します。 3秒診断もあるのでキャッシングメインの方はお試しください。

 

私も30代前半までクレジットカードの審査に軒並み落ちて悩んでいましたが、その時に思っていたのが「年会費はいくらでもいいからカードを作りたい!」という思いでした。

そうした観点からみると、ライフカードの税込5,000円という年会費は良心的ともいえるのではないでしょうか。

ACマスターカードとの差・特典の違い

審査通過の可能性の高いカードとして人気のクレジットカードが「ACマスターカード」です。

 

 

消費者金融大手のアコムが発行するACマスターカードは、過去の信用情報よりも現在の返済能力が審査基準になります。

 

ACマスターカードは年会費無料で利用することができますので、ライフカードよりもコストをかけずにカードを維持することができるのが優れた点といえるでしょう。

 

ただし、ACマスターカードではキャッシュバック還元率が0.25%と、ライフカードのポイント還元率の半分となっています。

 

また、ACマスターカードには海外旅行保険は付帯しませんので、ポイント・補償の面ではライフカードが勝っているのですね。

 

 

クレジットカードをどうしても作りたい方のための新しい切り札

独自の審査基準で審査通過の可能性がアップしたライフカードの発行が開始されました。

 

  • 直近で審査落ちを経験した方にも審査通過のチャンスがある
  • 延滞などで個人信用情報が傷ついた方でも作れる可能性がある
  • 優秀なポイントプログラムでお得に使える

 

ライフカードでは、独自の審査基準で個別に審査が行われますので、直近で他のクレジットカードの審査に落ちてしまった方にも審査通過のチャンスがあります。

 

アイフル独自の審査基準が採用されていると考えられますので、過去の信用情報よりも現在の返済能力が基準となり、延滞などの履歴のある方でも作れる可能性があるのですね!

 

また、初年度1.5倍・誕生日月は3倍など、ポイントプログラムも優秀な内容になっており、作ったあともお得に使える優秀なカードとなっています。

 

 

ライフカード(年会費有り) スペック情報

申込資格高校生を除く18歳以上の方
発行期間約3週間
年会費(本人)初年度5,000円+税
2年目以降5,000円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
ETCカード年会費無料
備考
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行保険海外旅行最高2,000万円
国内旅行最高1,000万円
ショッピング保険
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社ライフカード株式会社