アメックスのスマホ保険「スマートフォン・プロテクション」ってどんなサービス?スマホの画面割れ・破損に備えられる!?

このページはPRを含みます
当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。当サイトを経由してサービスの申し込みや商品の購入があった場合、提供企業から報酬を受け取る場合があります。当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しアコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

※このコラムは最終更新日から3年以上が経過しています。掲載されている情報が最新ではない場合があります。

 

スマホの破損や故障に備えられる「補償サービス」は、高額な機種代金を考えると加入すべきですが、最新機種だと1,000円ほどの月額料金がかかる場合もあるので、加入に躊躇してしまいますよね。

 

でも、いざ「画面割れ」などが起きると高額な修理代金が必要になるため、修理に出せずに画面が割れたままのスマホを使用している方が少なくありません。

 

そんな画面割れなどのスマホのトラブルに、アメックスのスマホ保険「スマートフォン・プロテクション」なら、スマホ購入後でも適用でき、サービス料金なしで備えることができます。

 

今回は、スマートフォン・プロテクションについて適用される範囲や金額をはじめ、注意点をまとめました。この記事を読めば、アメックスのスマホ保険がわかりますよ。

 

アメックス発行のカードにはスマホ保険が付帯

 

アメックスが発行するカードの多くには、プロパーカード・提携カードを問わず、スマホ保険「スマートフォン・プロテクション」が付帯しています。

 

ここでは、そんなアメックスのスマホ保険の概要をチェックしていきましょう。

主な補償内容

アメックスのスマホ保険の主な補償内容は、下表をご確認ください。

 

補償対象 本会員・家族会員いずれかのスマホ1台のみ
補償範囲 破損(画面割れ含む)、火災、水漏れ、盗難
補償限度額 3万円〜15万円(カードにより異なる)
補償条件 スマホの通信料金を直近3ヶ月連続で
カード支払いしている必要あり
対象端末 購入3年以内のスマホ
免責金額 1事故につき5,000円

 

補償内容に関する注意点は、以下で改めて詳細に解説していきます。

修理はどこに依頼してもOK

アメックスのスマホ保険は、修理にかかった代金をアメックスに補償してもらう形になるので、修理先に関してはどこに依頼しても対象となります。

 

正規のキャリアやメーカーへの持ち込みはもちろん、非正規の修理店に持ち込んでも構いません。修理料金やサービス、立地など、お好みの店舗に修理を依頼しましょう。

購入後3年以内ならいつでも保険がつけられる

アメックスのスマホ保険は、購入後3年以内のスマホが対象となります。一方、キャリアやAppleが用意しているスマホ保険では、端末購入から2週間以内の保険契約が一般的です。

 

つまり、アメックスのスマホ保険なら、あとになってから「やっぱりスマホ保険が欲しい」と思い直しても適用できます。

 

ただし、「直近3ヶ月連続してスマホ通信料をカード支払いにしていること」という適用条件があります。

 

スマホ購入から3ヶ月以内は保険が適用されず、購入後3年(36ヶ月)以内までが対象になりますので、最大で33ヶ月間保険が適用できます。

2022年4月より火災、水漏れ、盗難にも対応

アメックスのスマホ保険が適用されるのは、スマホの外装部分に生じた「ガラス割れ、亀裂、さけ傷、しわ、はがれ、へこみなどの損傷による損害」のみでした。

 

2022年4月1日よりサービスが拡充され、火災、水漏れ、盗難にも対応しました。

 

スマホでよく起こる「画面割れ」をはじめ、水濡れや盗難にも対応したため、スマホ保険としての利用頻度は上がったでしょう。

補償対象は本会員・家族会員いずれかのスマホ1台のみ

アメックスのスマホ保険が適用されるのは、本会員または家族会員いずれかのスマホ1台のみです。

 

家族会員も対象になっていますが、家族会員で適用した場合、本会員は適用されませんのでご注意ください。

直近3ヶ月連続したスマホ通信料の支払いが必要

アメックスのスマホ保険が適用されるのは、「スマホの通信料を直近3ヶ月連続でカード支払いしている」場合のみです。スマホの購入自体はカードで支払っている必要はありません。

 

ただし、カードでスマホを購入した場合には、別途ショッピング保険の対象となります。アメックスのショッピング保険は、購入から90日間に渡って、破損や盗難の補償をしてくれるというもの。

 

つまり、スマホの購入をカードで支払っておけば、購入から3ヶ月間のスマホ保険が適用されない期間もショッピング保険が適用できるので、安心できますよ。

補償限度額は1年間通算の金額

アメックスのスマホ保険の補償額は、カードごとに限度額が決められており、これは1年間に利用できる通算金額です。

 

たとえばアメックスゴールドだと、補償限度額は5万円。この限度額内であれば、1年間に複数回でもスマホ保険を利用可能です。

 

ただし、1事故につき5,000円の免責金額(自己負担額)が発生するので、修理代金にもよりますが同じ年に複数回の利用というのは現実的ではないでしょう。

 

また、保険は毎年1月1日に更新されるため、年が変われば利用額がリセットされ、購入後2年以内であれば再び限度額まで利用可能になります。

カード別の付帯状況・補償限度額

2021年5月現在、アメックス発行カードのスマホ保険「スマートフォン・プロテクション」の付帯状況および補償限度額は下表のとおりです。

 

アメックスが発行するすべてのカードにスマホ保険が付帯する訳ではないため、ご注意ください。

 

  カード名 年会費 (税込) 補償限度額
プロパー
カード
アメックスグリーン 月会費1,100円 3万円
アメックスゴールド 31,900円 5万円
アメックスプラチナ 165,000円 15万円
プロパー
法人カード
アメックスビジネスグリーン 13,200円 なし
アメックスビジネスゴールド 36,300円 なし
アメックスビジネスプラチナ 165,000円 なし
提携カード ANAアメックス 7,700円 なし
デルタアメックス 13,200円 なし
ペルソナSTACIAアメックス 15,400円 なし
ヒルトンオナーズアメックス 16,500円 なし
デルタアメックスゴールド 28,600円 3万円
ANAアメックスゴールド 34,100円 3万円
ヒルトンオナーズ
アメックスプレミアム
66,000円 3万円
ANAアメックスプレミアム 165,000円  5万円

 

ご覧のとおり、年会費の安いクレジットカードには、スマホ保険が付帯されていません。スマホ保険を必要とするのなら、ゴールド相当以上のアメックスカードを申し込みましょう。

 

また、個人用のプロパーカードは補償額が優遇されており、ゴールドカードとしてはアメックスゴールドのみが補償限度額が5万円となっています。

 

なお、ゴールド相当以上であってもスマートフォン・プロテクションが付帯していないカードもありますが、今後付帯される可能性はあります。

スマホの画面修理に必要な修理代金

参考までに、iPhoneの画面割れ時に必要な修理代金をまとめました。

 

なおApple正規修理店と非正規修理店では、金額が当然異なります。こちらはあくまでAppleに修理を依頼した場合の修理代金です。

iPhoneのAppleでの修理代金

iPhone 12 Max 39,380円
iPhone 12 Pro 33,440円
iPhone 12 33,440円
iPhone 12 mini 27,280円
iPhone 11 Pro Max 39,380円
iPhone 11 Pro 33,440円
iPhone 11 23,980円

 

iPhoneを修理に出した場合、修理代金はおおむね3万円を超えます。そのため、アメックスゴールドの補償限度額5万円であれば十分ですが、提携ゴールドの補償限度額3万円では心もとないでしょう。

 

対象のアメックスカードを保有しているのであれば、積極的にスマホ保険を利用していきましょう。

購入3ヶ月以内のトラブルはショッピング保険で対応

 

先にも軽く触れましたが、購入3ヶ月以内はスマホ保険の対象にならないものの、カードで購入していればショッピング保険が適用できます。

 

アメックスのショッピング保険「ショッピング・プロテクション」は、カードで購入した品物の破損・故障・盗難について、購入日から90日間に渡って補償してくれる保険です。

 

丁度、スマホ保険が適用できない購入から3ヶ月間の適用となるため、万が一のために備えて利用するとよいでしょう。

 

補償額は、プロパーや提携のゴールドカード以上なら年間500万円までと高く、一部の提携スタンダードカードでは年間200万円までですが、それでも十分な補償額です。

 

免責金額としては、1事故につき1万円が必要になります。

 

ちなみに他社カードのショッピング保険では、スマホやタブレットは補償対象外なのが一般的ですが、アメックスのショッピング・プロテクションならスマホ・タブレットも補償対象です。

 

また、国内利用・海外利用問わず適用され、スマホの機種を分割払いしている場合でも補償対象になりますので、スマホ保険適用前の3ヶ月間も安心できますよ。

アメックスプラチナの「ホームウェア・プロテクション」はスマホ対象外

 

アメックスプラチナには、所有する家電やパソコンなどが破損した場合、購入金額の50〜100%が補償される保険「ホームウェア・プロテクション」が付帯しています。

 

ホームウェア・プロテクションは、アメックスプラチナ以外で購入したものも補償対象となる優れた保険ですが、残念ながらスマホに関しては補償対象外です。

 

アメックスプラチナであっても、スマホに使える保険はスマホ保険「スマートフォン・プロテクション」および、ショッピング保険「ショッピング・プロテクション」のみとなります。ご注意ください。

スマホ保険で選ぶならアメックスゴールドがおすすめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

4.8

年会費39,600円(税込)
家族カード19,800円(税込)※2枚まで無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料935円(税込)
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1〜3%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方

※当ページはプロモーションを含みます。

 

スマホ保険でクレジットカードを選ぶのなら「アメックスゴールド」がおすすめです。

 

アメックスゴールドなら、31,900円(税込)の年会費で年間最大5万円補償のスマホ保険が利用できるので、コストパフォーマンスに優れています。

 

また、アメックスゴールドには、以下のような高額特典が豊富に付帯しています。

 

  • ゴールドダイニングby招待日和
  • プライオリティ・パス
  • 合計18,000円分の継続特典

 

これらの特典を利用すれば年会費の元を簡単に取れるため、コスパに優れたクレジットカードを求めている方にも、アメックスゴールドはおすすめですよ。

 

アメックスのスマホ保険で、画面割れをはじめとしたスマホトラブルに備えよう

アメックスのスマホ保険の特徴は、こちらのとおりです。

 

  • 事前の契約やサービス料不要で保険が適用
  • 年間で3万円〜15万円の補償が得られる
  • 修理店は正規・非正規を問わない
  • 補償条件:スマホ通信料を直近3ヶ月連続でカード支払いする

 

中でもアメックスゴールドであれば、年会費に比べてお得な補償を受けられます。

 

ただし、補償対象や条件には一定の規定あるので、いざという時に活用できるように詳細はチェックしておきましょう!

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カードの申込みはこちら