ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド登場!本物のブラックカードの真価とは!?

 

2021年11月17日、ラグジュアリーカード日本上陸5周年記念に「ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド」が登場しました。

 

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドはその名前のとおり天然ダイヤモンドがあしらわれ、これまでラグジュアリーカードの最高位にあった24金仕上げの「ゴールドカード」をも超えた、正真正銘のブラックカードです。

 

年会費についてもゴールドカードの3倍の66万円(税込)で、初年度は入会金110万円(税込)が別途発生するため、合計176万円が必要になります。

 

ポイント還元率は業界最高水準である2%、20万円相当のホテルギフトや、ハワイ往復相当のマイル、年間で30万円相当のギフトなど、その値段に見合うだけの特典はもちろん備わっています。

 

今回はそのラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドの特徴をまとめるとともに、インビテーションを受けるための方法までご紹介します。

 

クレジットカード診断テスト

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドの特徴

 

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドはカード機能としては、年会費22万円(税込)のラグジュアリーカード ゴールドをベースにていますが、年会費の差を上回る独自の特典が諸々追加されています。

 

※特典内容はリリース時の情報を元にしており、今後変更になる場合もあります。

年会費66万円+入会金110万円

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドの年会費66万円(税込)は、日本国内のクレジットカードでは最高額です。

 

さらに初年度は入会金110万円(税込)もかかるため、総額で176万円(税込)が必要になります。

 

参考までに、国内クレジットカードのなかでも代表的なインビテーション制の「ブラックカード」について、年会費と入会金をまとめてみました。

 

カード名 年会費(税込) 入会金(税込)
ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド 66万円 110万円
ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカード 55万円 55万円
アメックス センチュリオン 38.5万円 55万円
ラグジュアリーカード ゴールドカード
(申込制に変更)
22万円 なし
JCBザ・クラス 5.5万円 なし
楽天ブラックカード 3.3万円 なし

 

クレジットカード業界のなかでブラックカードといえば「アメックス センチュリオン」が有名ですね。年会費は38.5万円と高額。入会金が必要なカードで初年度は93.5万円が必要なブラックカードとして永らく君臨していました。

 

アメックス センチュリオン

 

ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカード

 

2021年6月にダイナースクラブから「ロイヤルプレミアムカード」がリリースされ、年会費の最高額を塗り替えましたが、それからわずか半年ほどでラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドがさらに上回る形となりました。

 

なお、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドは本カードと同じ金属製の家族カードが4枚まで無料で発行できます。

 

ラグジュアリーカード ゴールドカードは申込可能に

これまでは24金製の「ラグジュアリーカード ゴールドカード」がラグジュアリーカードの最高峰であるブラックカードに位置し、個人カードとしてはインビテーション制のみでした。

 

今回、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドが追加されたことで、ゴールドカードの位置づけが変更されて、申し込みでも発行できるクレジットカードになりました。

 

とはいえ、年会費22万円(税込)は申し込み可能なクレジットカードとしては最高額です。ステータス性が大幅に目減りしたとはいえないでしょう。

ダイヤモンドが埋め込まれた縦型デザイン

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドは、カード名を象徴するようにカードの左上に天然ダイヤモンドを埋め込んだ仕様。カラーも重厚感が強く、見た目だけでも特別感を十分に感じられるでしょう。

 

 

ラグジュアリーカードは他の3券種も含めてすべてが金属製であり、素材感を生かしたシンプルさによって際立つ洗練された美しさが特徴的です。

 

既存券種はカード番号・有効期限などが表面にレーザーで刻印されていたのに対し、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドではこれらの情報を裏面に集約。時代に迎合したナンバーレスタイプの縦型カードデザインとなっています。

 

また、既存券種には見られなかった特徴として、カードの中心に「LC」のロゴが配置されています。今後は、他のカードもこの縦型の仕様に変更される予定です。

 

券面に「タッチ決済」マークがないことからも、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドはタッチ決済には対応していません。

 

他社ではナンバーレスカード対応を機にタッチ決済に対応していますので、ラグジュアリーカードではタッチ決済に対応することは当分ないということなんでしょう。

2%還元でポイントが貯まる

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドの通常ポイント還元率は2%とクレカ最高水準。国内最高年会費のクレジットカードにふさわしい還元率だといえるでしょう。

 

既存券種の還元率は、ゴールドカードで1.5%、ブラックカードで1.25%、チタンカードで1%のため、大きく抜きん出た還元率設定であることが分かります。

 

なお、貯めたポイントはキャッシュバックができるほか、各種ギフトカードや共通ポイントにも交換できます。マイルへの移行にも対応しており、1.2%という高還元でANA、JAL、ハワイアン、ユナイテッドの4社マイルに移行可能です。

 

そのほかでは、フィラディスワインのワイン買い物券への交換は4.4%還元と超高還元。ワイン好きの方はこちらも要チェックですね。

専用のコンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードでは、どのカードでも24時間365日対応のコンシェルジュサービスが利用できます。

 

チタン・ブラック・ゴールドでは、同じデスクに繋がるため、チタンではメリットが強い傾向にありますが、逆にゴールドではメリットが薄いという側面もあります。

 

これに対し、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドでは専用デスクとして対応。熟練3名の担当者チーム制によるサポートが完備され、より上質なコンシェルジュサービスを受けられるようになっています。

ホテルギフト最高20万円相当

マリオットや東急ホテルズなどとの提携による最高20万円相当のホテルギフトがプレゼントされます。

 

こちらはリリース時点での情報では、年1回などの記載がないため、入会特典のようなものだと考えられます。20万円相当であれば、年会費の3分の1に当たる金額がペイできますね。

毎年ビジネスクラスでハワイ往復相当のマイルプレゼント

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドでは毎年、「日本・ハワイの国際線・ビジネスクラス(往復)」に相当するマイルがプレゼントされます。

 

マイルでのプレゼントになるため、ハワイ以外の旅行にももちろん利用できます。

 

なお、どこの航空会社のマイルになるかは、現時点では「大手エアライン」との情報のみなので判明していません。

 

ラグジュアリーカードのブラックカード以上ではハワイアン航空の上級会員資格を取得できるため、ハワイアン航空のマイルである可能性もあります。

GILTのカスタマイズギフトが年2回もらえる

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドでは、1回あたり15万円相当のギフトが年2回にわたってもらえます。

 

もらえるのはニューヨーク発の会員制ラグジュアリーブランドサイト「GILT」の取り扱いアイテムで、GILTの目利き担当者による個別ヒアリングによってギフトがセレクトされます。

 

GILTでは日本での入手が難しいブランドの取り扱いも多いため、嬉しいサービスになるでしょう。

クラブ オン ザ パークを特別メンバーとして利用可能

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド会員は、「パークハイアット東京」のスパ&フィットネス施設である「クラブ オン ザ パーク」を特別メンバーとして優待価格で利用できます。

 

通常かかる入会金・保証金・年会費が不要。都度料金5,500円(税込)のみで、週1回の利用が可能です。

 

クラブ オン ザ パークは通常、入会金200万円、保証金300万円、年会費30万円が必要な施設であるため、単純計算で500万円+30万円/年もの価値がある特典だといえます。

その他優待

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドでは、そのほかにも以下のような優待特典の付帯が明らかになっています。

 

  • 予約の取りづらいレストランや会員制レストランなどを定期的に確保・優先案内
  • ブラックダイヤモンド会員が交流できる場を提供

 

特に後者は経営者同士の意見交換の場になるなど、貴重な時間を得られると考えられます。

年間3,300万円利用で年会費相当の還元

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドは、年間3,300万円の利用で年会費に相当するポイント還元が得られます。

 

月間にして275万円ほどカードを利用する方であれば年会費をペイできるため、招待が来ても断る理由は特にないでしょう。

 

なお、ラグジュアリーカードは税金の支払いであっても還元率は変わらないので、ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドなら2%でポイント還元されます。税金の支払い額が大きければ大きいほど、貢献度も高くなります。

 

そのほか、ラグジュアリーカードのポイントはキャッシュバックやAmazonギフト券をはじめとしたほとんどのアイテムに交換率を下げずに交換できるなど、使い勝手がよいのも大きなメリットです。

 

他社のポイントでは、一部を除きほとんどのアイテムでは交換率が下がるというギミックがある場合が多いので、そういう点でラグジュアリーカードは良心的ですよ。

ラグジュアリーカードはデポジットが可能

ラグジュアリーカードのカード利用限度額は、もともと他社カードよりも高めの設定です。とはいえ、一度に1,000万円単位の決済をしたい場合には、利用額が足りなくなることもあるでしょう。

 

そのようなときには、デポジット(事前入金)サービスを利用しましょう。ラグジュアリーカードでは、最大9,990万円(10万円単位、元々の限度額も含む)までのデポジット利用が可能です。

 

なお、デポジット利用分にも還元率はそのままでちゃんとポイント還元されますので、一度の高額決済で年会費分をペイすることもできます。

ゴールドカードで利用実績を積もう

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドはインビテーション制のため、申し込みによる発行には対応していません。他のラグジュアリーカードで利用実績を積んで招待を待つより他ありません。

 

最適なのは、申し込みが可能になった「ラグジュアリーカード ゴールドカード」で利用実績を積むことでしょう。

 

ただし、ラグジュアリーカード利用者の平均年収は1,700万円、ゴールドカードに至っては4,000万円以上です。ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド取得には、それ以上の年収が求められると考えられます。

ラグジュアリーカード ゴールドカード

 

  • 24金の輝くカードフェイス
  • いつでも1.5%還元でポイントが貯まる
  • ダイニングやホテルなど豊富な特典

 

ラグジュアリーカード ゴールドカードは24金仕様であり、券面デザインはとても華やか。見るものを圧倒するような輝きを放ちます。

 

カードスペックも優秀で、ポイント還元率はいつでも1.5%。特典もダイニング特典からホテル、トラベル特典まで一流のものが揃っており、あなたの日々をより鮮やかなものにしてくれるでしょう。

 

申し込みが可能になったラグジュアリーカード ゴールドカードで、本物のブラックカード取得を目指しましょう!

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドは、国内最高峰の名に恥じない極上のクレジットカード

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンドは、年会費66万円を誇る国内最高峰のクレジットカードです。その魅力は、年会費以上のものといえるでしょう。

 

  • ダイヤモンドがあしらわれた上質なカードデザイン
  • ポイント還元率は常に2%
  • ブラックダイヤモンド会員専用デスクあり

 

格別な体験、そしてステータス性を手に入れられるラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド。

 

興味のある方はラグジュアリーカード ゴールドカードで獲得を目指しましょう!