JCBカードはネット申し込みがおすすめ!作り方・注意点を分かりやすく解説!

このページはPRを含みます
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。当サイトを経由してサービスの申し込みや商品の購入があった場合、提供企業から報酬を受け取る場合があります。

 

JCBカードのプロパーカードを作るなら「ネット申し込み」が断然おすすめです。

 

ネット申し込みなら、お手軽でスピーディーかつ、お得な特典もあります。ただし、JCBカードの申し込み時には注意点もありますのでチェックしておきましょう。

 

この記事では、JCBカードのネット申し込みの作り方について、そのメリットや手順、注意点などを紹介します。

 

これからJCBカードを作ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

 

JCBカードのネット申し込みのメリット

 

JCBカードのプロパーカードである「JCBオリジナルシリーズ」は、「ネット申し込み」と「郵送申し込み」に対応していますが、おすすめなのは断然ネット申し込み。

 

JCBカードのネット申し込みには、以下3つのメリットがあります。

 

  • 申込書・本人確認書類の郵送が不要
  • ナンバーレスなら最短5分の即時発行が可能
  • ネット申し込み限定のカードや特典あり

 

それぞれのメリットをご紹介します。

 

申込書・本人確認書類の郵送が不要

ネット申し込みを選択する場合、申し込みフォームを利用して本人情報を入力するため、申込書を書いて郵送する手間が必要ありません。

 

また、クレジットカードの申し込みには必ず「本人確認」が必要ですが、金融機関の口座設定や、免許証などの本人確認書類をスマートフォンで撮影してアップロードするという方法でも可能です。

 

自分から郵送するという手間は一切かからないので、手軽に申し込みやすいですね。本人確認の方法について詳しくは後述します。

ナンバーレスなら最短5分の即時発行が可能

JCB CARD W

 

JCBカードのプロパーカードは、そのほとんどが「ナンバーレス」と「番号あり」のどちらかのカードタイプを選択できます。

 

  • ナンバーレス:カードにカード情報の記載なし。カード情報の確認はアプリで可能
  • 番号あり:カードの裏面にカード情報を集約。カード情報の確認はカードで可能

 

番号ありタイプの場合は通常のクレジットカードと同じように利用できますが、ナンバーレスを選択した場合はカード自体にカード情報の記載がないので、確認にはMyJCBアプリを利用します。

 

その確認は、最短5分の審査完了後すぐにできるので、すぐに買い物をしたい方には特におすすめです。ネットショッピングだけでなく、JCBのタッチ決済やQUICPayも利用できるので、カード到着前に店舗での買い物もできます。

 

また、JCBカードの入会キャンペーンは、「利用期間内のカード利用」を条件としたポイント還元やキャッシュバックが多いため、クレジットカードの到着を待たずに利用期間を多く確保できるといったメリットもあります。

 

※一部、ナンバーレスに対応していないJCBプロパーカードもあります。

 

ネット申し込み限定のカードや特典あり

JCBカードのプロパーカードには、ネット申し込みでしか作れないカードや、ネット申し込み特典が付帯したカードがあります。

 

  • JCB CARD W:ネット申し込み限定カード
  • JCB一般カード:ネット申し込みの場合、初年度の年会費1,375円(税込)が無料
  • JCBゴールド:ネット申し込みの場合、初年度の年会費11,000円(税込)が無料

 

JCB CARD Wに関しては、ネット申し込み限定かつ、39歳まで申し込み限定(40歳以降も利用可能)のクレジットカードです。

 

その分、通常還元率が1%と高還元なため、プロパーカードの中でも人気の高いカードです。

JCBカードの本人確認の方法

JCBカードのネット申し込みでは、本人確認方法が4パターン用意されています。中でも「金融機関の口座登録」による本人確認は、手間がかからず一番おすすめです。

 

しかし、利用できない場合もあると思いますので、自分に合った方法を選びましょう。

申し込み時に金融機関の口座を登録

JCBカードのネット申し込みを進めていき、「いますぐオンラインで口座を設定する」といった選択肢が出てきたら、そちらを選びましょう。

 

「支払い口座の登録は原則本人でないと不可能」であることから、こちらの方法を選べば、口座設定のみで本人確認が完了します。本人確認書類を提出する必要がなく、簡単です。

 

多くの金融機関に対応していますが、対応機関であっても曜日や時間帯によっては深夜などは非対応になる場合がありますので、申し込みの時間にはご注意ください。

申し込み時に本人確認書類の画像をアップロード

ネット申し込みを進めていき、本人確認の方法として「本人確認書類を画像データで提出」を選択しましょう。

 

本人確認書類をスマートフォンで撮影し、画像データとして申し込みページからアップロードすることになります。

 

この方法の場合、本人確認書類として認められるのは、「運転免許証または運転経歴証明書」「パスポート」「住民票」のいずれかです。

カード到着時に運転免許証で確認

ネット申し込みを進めていき、本人確認の方法として「カードお届け時に運転免許証を確認」を選択しましょう。

 

カードが到着した際に、配達員に運転免許証を提示することで本人確認がされます。

 

カード到着時に自宅にいることが必須で、到着日時は基本的に指定できないので、出掛けていて受け取れなかった・仕事で自宅にいない場合には、再配達・配達先変更などが必要になります。

必要書類を郵送

ここまでご紹介した3つの方法すべてが利用できない場合には、必要書類を郵送する形で本人確認をすることになります。

 

この場合は先に審査が進められ、審査通過後に「必要書類の返送依頼に関する書面」が自宅に送付されるので、そちらを待ってから必要事項を記入した書類と本人確認書類を同封し、返送しましょう。

 

この方法の場合、運転免許証または運転経歴証明書をはじめとした本人確認書類を2点提出する必要があります。

JCBカードのネット申し込みに必要なもの

 

JCBカードのネット申し込みをスムーズに進めるためには、こちらを手元に準備しておくとよいでしょう。

 

  • 金融機関の口座情報がわかるもの(キャッシュカードや通帳、スマホアプリなど)
  • 顔写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

 

なお、顔写真付きの本人確認書類が必ず必要になるのは、「ナンバーレスカードを指定」または「モバ即入会を選択」した場合に限ります。

 

番号ありのカードデザインを選び、モバ即入会も利用せず、本人確認書類の方法としても利用しない場合には、顔写真付きの本人確認書類は必要ありません。

JCBカードのネット申し込みの手順

JCBカードのネット申し込み手順は、以下のとおりです。

 

  • 公式サイトから申し込み
  • 必要事項を入力
  • キャッシングサービスの希望枠を入力
  • 支払い口座を登録
  • ETCカード、家族カード、QUICPay利用を選択
  • 申し込み完了
  • 審査
  • メールで審査結果通知
  • (ナンバーレス・モバ即のみ)MyJCBアプリでカード番号を確認
  • 審査完了後、約1週間でカード到着

 

スマートフォンやパソコンを用いて公式ホームページにアクセスし、申し込み画面へと進んだ後は、画面の指示に従って登録を進めるだけで基本的にOKです。

 

スマートフォンやパソコンの操作に慣れている方であれば、5〜10分もあれば申し込みは完了するでしょう。

JCBカードの申し込み時の注意点

JCBカードのプロパーカードに申し込みする前に、こちら4つの注意点は確認しておきましょう。

 

  • ナンバーレスタイプにはスマホが必要
  • プロパーカードは2枚持ちできない
  • 審査に自信がないならキャッシング枠は0円に
  • クレカの多重申し込みはしない

 

注意点を押さえておくことで申し込み後に後悔することや、審査落ちを避けられます。

ナンバーレスタイプにはスマホが必要

JCBプロパーカードを「ナンバーレス」タイプで発行する場合、カード情報の確認には「MyJCBアプリ」を利用します。

 

店舗で支払いする分にはカードを利用するだけでいいですが、ネットショッピングなどで利用する際には常にスマホを利用することになります。

 

何らかの都合で自分用のスマホが利用できない方、番号確認に毎回アプリ利用は面倒くさいという方は、番号ありタイプを利用するのが無難でしょう。

プロパーカードは2枚持ちできない

JCBカードは、プロパーカードの2枚持ちができません。

 

たとえば、JCB CARD W発行後に、JCBゴールドを申し込むと、JCB CARD WからJCBゴールドへの切り替えになります。

 

「ポイント還元率の高いJCB CARD W」と「旅行保険やグルメ優待などが充実したJCBゴールド」を合わせて持つといった長所を活かす2枚持ちはできないため、カード選びは慎重にしましょう。

審査に自信がないならキャッシング枠は0円に

審査落ちが不安な方は、キャッシング枠の希望枠を「0円」「利用しない」にして申し込むことをおすすめします。

 

クレジットカードの審査は、カード本体の審査とキャッシングの審査が別々に行われるため、キャッシングの審査のせいでカード自体が審査落ちになる可能性があります。

 

キャッシング枠は後から申請することができますので、審査に自信がないようであれば、申し込み時は希望枠を0円にしておきましょう。

クレカの多重申し込みはしない

短期間に複数のクレジットカードに申し込むことを「多重申し込み」といいます。

 

多重申し込みをすると「よほどお金に困っているのではないか」と返済能力を疑われ、審査に落ちやすくなってしまうため、クレジットカードの申し込みは一度につき1枚のカードに絞りましょう。

 

クレジットカードの申込情報は、発行会社で共有しているため、JCBカードに限らず、他社で申し込んだクレジットカードも全て対象です。

 

おすすめのJCBカード

JCBカードのプロパーカードを作るのなら、「JCB CARD W」「JCB一般カード」「JCBゴールド」「JCBプラチナ」のいずれかがおすすめです。

 

ここではそれぞれの特徴や作りやすさを解説するので、自分に合ったカード選びにぜひお役立てください。

 

なお、こちらの4枚はすべてが最短5分の即時発行に対応しており、スピーディーな発行が可能です。

JCB CARD W

JCB CARD W

5.0

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1〜10.5%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方

※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。※即時発行(モバ即)の入会条件:【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について詳しくは公式サイトをご確認ください。※スマートフォン保険の適用条件【1】補償対象スマートフォンの通信料の支払いに当カードを指定【2】 事故発生の時点で補償対象スマートフォンの通信料を直近3ヵ月以上連続で支払う

  • 39歳まで入会限定
  • カードコストが0円
  • いつでも1%還元
  • 選べるカードデザイン

 

39歳までの方に断然おすすめのJCBカードが「JCB CARD W」。ナンバーレス選択で最短5分でカード番号が発行できるので、すぐに買い物に利用できます。

 

年会費永年無料で、ETCカードも無料で発行できるのでカードコストは0円。いつでも他のJCBカードの2倍の1%還元でポイントが貯まります。

 

女性向け特典が付いた「JCB CARD W plus L」を合わせると4種類のカードデザインから選べます。

 

 

JCB一般カード

JCBカード S

4.8

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜10%
申込資格高校生を除く18歳以上の方

※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。※即時発行(モバ即)の入会条件:【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について詳しくは公式サイトをご確認ください。※スマートフォン保険の適用条件【1】補償対象スマートフォンの通信料の支払いに当カードを指定【2】 事故発生の時点で補償対象スマートフォンの通信料を直近3ヵ月以上連続で支払う

  • 40歳以上の方におすすめ
  • 年間50万円利用で翌年年会費無料
  • スマホ保険付帯

 

40歳以上の方には「JCB一般カード」がおすすめ。

 

ネット申し込みの場合、初年度年会費無料で、年間利用金額50万円以上で翌年の年会費も無料になります。※MyJチェック登録が必要

 

年会費無料が可能なカードとしては珍しく、年間最高3万円までのスマートフォン保険が付帯しているので、画面割れにも備えられます。

 

 

JCBゴールド

JCBゴールド

4.7

年会費初年度初年度無料
2年目〜11,000円(税込)
家族カード1,100円(税込)※1人目無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜10%
申込資格学生を除く20歳以上で安定した収入のある方

※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。※即時発行(モバ即)の入会条件:【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について詳しくは公式サイトをご確認ください。※スマートフォン保険の適用条件【1】補償対象スマートフォンの通信料の支払いに当カードを指定【2】 事故発生の時点で補償対象スマートフォンの通信料を直近3ヵ月以上連続で支払う

  • 初年度年会費無料
  • 最短5分でカード番号発行可能
  • 旅行関連の特典・保険が充実

 

特典や保険が充実したJCBカードを持ちたい方には「JCBゴールド」がおすすめ。ネット申し込みで初年度年会費無料になるので、1年間お試しできます。

 

ナンバーレスタイプを選択した場合、ゴールドカードでありながら即時発行に対応しているので、すぐに買い物に利用できます。

 

空港ラウンジサービスをはじめ、最高1億円の海外旅行保険や最高5,000万円の国内旅行保険など旅行関連の特典・保険が充実しており、特に家族旅行に行く機会が多い方は重宝するでしょう。

 

 

JCBプラチナ

JCBプラチナ

4.6

年会費27,500円(税込)
家族カード3,300円(税込)※1枚目無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜10%
申込資格学生を除く25歳以上で安定した収入のある方

※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。※即時発行(モバ即)の入会条件:【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について詳しくは公式サイトをご確認ください。※スマートフォン保険の適用条件【1】補償対象スマートフォンの通信料の支払いに当カードを指定【2】 事故発生の時点で補償対象スマートフォンの通信料を直近3ヵ月以上連続で支払う

  • 格安年会費
  • プラチナ特典が充実
  • JCBザ・クラス招待の最短ルート

 

申し込みできるJCBプロパーカードとしては最高ランクのカードが「JCBプラチナ」です。

 

プラチナカードとしては格安の年会費の27,500円ですが、コンシェルジュサービスやグルメ特典、ホテル特典など、プラチナカードとしての特典はちゃんと充実しています。

 

プラチナカードでありながら即時発行に対応しているので、審査にかかる時間が短いのも嬉しいメリット。

 

JCBカードの最高峰「JCBザ・クラス」の招待を目指すのであれば、JCBプラチナで利用実績を積むのが最短ルートです。

 

JCBカードQ&A

Q. JCBカードは店頭では申し込みできない?

JCBカードはショップやサービスカウンターを持たないため、特定の店舗に赴いて対面形式で申し込むことはできません。

 

プロパーカードではなく、JCBブランドの提携カードでもOKであれば、そのサービスを提供する店舗や商業施設で申し込みができるカードもあります。プロパーカードにこだわりがないのであれば、提携カードを店頭で申し込みましょう。

 

Q. JCBカードは海外では利用しにくいって本当?

日本発唯一の国際カードブランドである「JCB」は、国内では高いシェアを持っていますが、海外では「Visa」「Mastercard」に比べると加盟店が少ないのは事実です。

 

ただし、JCBは海外でも観光地を中心に加盟店を増やしており、海外の主要都市に設置されたJCBプラザ・プラザラウンジでは日本語スタッフによるサポートを受けることができます。

 

特にハワイには加盟店も多く、JCBプラザ・プラザラウンジも利用できるので、ハワイ観光の際にはむしろJCBカードが役立つでしょう。

 

Q. JCBカードのポイントは何に交換できる?

JCBカードのプロパーカードの利用で貯まる「Oki Dokiポイント」は、1ポイント=5円相当として「JCBプレモカード」や「nanacoポイント」に交換できます。

 

それ以外にも、各種ギフト券や共通ポイントにも交換可能です。また、Oki Dokiポイントは、東京ディズニーリゾートのパークチケットに交換できます。

 

ネット申し込みでお手軽・お得にJCBカードを手に入れよう

JCBカードのプロパーカードは、ネット申し込みを選ぶことで、以下のようなメリットがあります。

 

  • 申込書や本人確認書類の郵送が原則必要ないので手間が少ない
  • 最短5分の即時発行に対応しているからスピーディー
  • ネット申し込み限定のカードや特典があってお得

 

これらのメリットのうち、ひとつでも魅力的に感じるものがあるのなら、ぜひネット申し込みでJCBカードを手に入れましょう。

 

JCBカードは唯一、日本発の国産ブランドということで、ほかのブランドには見られない日本人の趣味嗜好に合う特典も豊富です。

 

今すぐJCBカードに申し込んで、その独自性ある魅力を満喫しましょう。