条件で選ぶ年会費無料のクレジットカードおすすめ16選【2021年最新版】

 

クレジットカードには、年会費が無料でも高還元・特典が秀逸なカードはたくさんあります。

 

「年会費無料のクレカって特典が弱くない?」と、思う方もいるかもしれませんが、それはカードのメリットが利用する方に合ってないからなんです。

 

クレジットカードの特典はさまざまなので、自分に合うカードを選ぶことではじめて特典を活用でき、カード本来のメリットを享受することができるんです。

 

この記事では、利用目的別に年会費無料のクレジットカードを紹介しますので、自分に合うかを確認していきましょう。あなたにとって最適な一枚がきっと見つかるはずですよ。

 

クレジットカード診断テスト

メインカードにおすすめのカード

 

クレジットカードを「メインカード」としてずっと使い続けるなら、本会員はもちろん、ETCカードのコストもかからなく、還元率が高いカードが理想です。

 

「カードコストが完全に無料」「ポイント還元率が高い」「ポイントアップが豊富」という、メインカードとしての好条件が揃ったカードが、JCB CARD Wです。

JCB CARD W

5.0

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0〜5.5%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • すべての年会費が永年無料
  • いつでも1.0%還元でポイントアップ特典が豊富
  • 39歳まで入会限定なので作りやすい

 

JCB CARD Wは、本会員はもちろん、家族会員・ETCカードも完全に無料で利用できます。

 

他社の年会費無料のカードでは、ETCカードは年会費か発行手数料がかかります。実質無料という場合もありますが、ETCの利用がないと年会費が発生するので要注意です。

 

その点、JCB CARD Wなら年会費も発行手数料も無料。日常的にETCカードを利用する方も、たまにしか利用しない方も余計なコストが発生する心配がいりません。

 

また、いつでも1.0%還元でポイントが貯まり、Amazonやセブン-イレブン、スターバックスのカードチャージなど、普段よく利用する店舗・サービスでポイントアップを受けられます。

 

39歳までの方しか申し込みできないという入会の年齢制限はありますが、逆に言えば若年層に向けたカードなので、審査基準が厳しくありません。専業主婦や学生、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめです。

 

39歳までに発行できれば、40歳以降もそのまま利用できるので、39歳までには絶対に作っておきたいカードです。

 

 

 

女性向けの特典付きカードあり

 

JCB CARD Wには、女性向けのデザインと特典がある「JCB CARD W plus L」というカードもあります。

 

JCB CARD Wの機能はそのままに、女性向けの特典や優待が用意されており、お手頃な保険料の女性疾病保険に加入できます。女性の方は「JCB CARD W plus L」もぜひ検討してみてください。

 

JCB CARD W plus Lの申込みはこちら

即時発行可能なコンビニ最強カード

 

クレジットカードは今や、最短5分で発行できる時代です。

 

そんな「即時発行」に対応したカードから、コンビニ利用で高還元でポイントが貯まる「三井住友カード ナンバーレス」を紹介します。

三井住友カード ナンバーレス

4.9

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降550円(税込)※年1回以上の利用で翌年無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜5.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内
  • 最短5分の即時発行が可能
  • コンビニ・マクドナルドで最大5%還元
  • 安心・安全のナンバーレス

 

三井住友カード ナンバーレスは、最短5分の審査後すぐにスマホアプリでカード番号が即時発行されますので、ネットショッピングやスマホ決済ですぐに買い物ができます。

 

また、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)とマクドナルドで、タッチ決済(Visaタッチ、Mastercardコンタクトレス)で買い物をするだけで5.0%還元でポイントが貯まります。

 

年会費無料なので、コンビニ・マクドナルド専用カードとしてでも利用価値は十分にありますね。

 

カードの表・裏どちらにもカード番号の記載がないので利用にはスマホが必須ですが、盗み見や盗難時のリスクが軽減できるセキュリティ性に優れたカードです。

 

※即時発行サービスは、19:31〜翌8:59は対応時間外のため申し込みはできません。

※一部ポイント加算対象とならない店舗・指定のポイント還元にならない場合があります。また、一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗があります。

 

 

ポイントが貯まりやすいカード

 

ポイント還元率の高さで選ぶなら、ダントツで「リクルートカード」がおすすめです。

 

ただし、通常還元率は1.0%でも、特定のサービスでの利用でポイントアップするカードなら、効率的にポイントを貯めることができます。

 

「楽天カード」「ヤフーカード」なら、通販サイトのキャンペーンや優待特典との併用で、さらにポイントをガンガン貯められますよ。

リクルートカード

4.6

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,100円(税込)※JCBの場合は無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • 年会費無料カードの最高峰のいつでも1.2%還元
  • 電子マネーチャージ用としてもおすすめ
  • ポイントはPontaポイントに等価で交換可能

 

年会費無料のクレジットカードでは、ポイント還元率が1.0%のものはいくつかありますが、1.0%を超えるものはほとんどありません。

 

リクルートカードはそれを超えて、いつでも1.2%還元でポイントが貯まるので、超高還元カードと言えるでしょう。

 

電子マネー(楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)のチャージでも同じく1.2%還元(30,000円/月まで)なので、電子マネーのチャージ用カードとしてもおすすめです。

 

リクルートカードの利用で貯まるのはリクルートポイントで、ポンパレモールや、ホットペッパーといったリクルートの各サービスで利用できますが、Pontaポイントにも等価で交換できます。

 

Pontaポイントなら幅広い加盟店で利用できるので、ポイントの使い勝手に困りませんよ。

 

 

楽天カード

4.9

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費550円(税込)
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • いつでも1%還元で楽天ポイントが貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 楽天Payでポイントも利用しやすい

 

楽天カードはいつでも1.0%還元で楽天ポイントが貯まります。楽天市場なら3倍の3.0%還元になるので、楽天市場ユーザーなら利用しない手はないですね。

 

また、楽天市場では、楽天カードの利用を含め、楽天銀行や楽天モバイル利用などの各種条件を満たすと最大15.5%還元も可能です。

 

ほかにも毎月1日は+2倍、楽天スポンサーのスポーツチームが勝利した翌日は最大+3倍、楽天スーパーセール時には最大+28倍などをはじめ、還元率アップキャンペーンが多く用意されているので、楽天ポイントがガンガン貯まります。

 

楽天ポイントは、キャンペーンなどでもらえる場合は有効期限の短いポイントの場合がありますが、スマホ決済「楽天Pay」で幅広い加盟店で利用できるので、使い勝手は良いですよ。

 

ポイントをいっぱい貯めたい&ポイントの使い勝手も重視したいという方に、楽天カードはおすすめです。

 

 

ヤフーカード

4.3

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費550円(税込)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • いつでも1%還元でTポイントが貯まる
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでも3%還元
  • ソフトバンクユーザーならさらにお得

 

ヤフーカードは、いつでも1.0%還元でTポイントが貯まります。Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用では、合計3.0%還元までアップします。

 

そのほか、Yahoo!ショッピングではソフトバンクユーザーは無条件で+2倍、日曜日だとさらに+10倍されるため、合計15.0%還元も可能です。

 

また、ソフトバンクユーザーなら無料のYahoo!プレミアム会員(通常税込508円/月)登録でさらに還元率がアップし、最大17.0%までアップします。

 

ただし、Yahoo!ショッピングなどの利用では「Tポイント」と「PayPayボーナス」の2種類のポイントが貯まり、相互交換はできません。ポイントの使い勝手としては少し難点がある点にご注意ください。

 

 

スマホ決済におすすめのカード

 

スマホ決済は、利用だけでもポイント還元するものもありますが、相性の良いクレジットカードと組み合わせることで、さらにお得に利用できます。

セゾンパールアメックス

4.5

年会費初年度無料
2年目〜1,100円(税込) ※年1回以上の利用で翌年度無料
家族カード無料(プラスチックカードのみ利用可能)
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • QUICPay利用でいつでも3%還元
  • 最短5分で即時発行が可能
  • 西友・リヴィンで5%オフが可能

 

セゾンパールアメックスの通常還元率は0.5%と高くはありませんが、Apple PayやGoogle Payなどで利用できる「QUICPay」に登録して買い物をすると、いつでも3.0%還元になります。

 

QUICPayは幅広く豊富な加盟店で利用できるため、特定の店舗よりも多くの店舗でポイントを効率よく貯めたい方におすすめです。

 

セゾンパールアメックスも最短5分の「即時発行」に対応したカードなので、すぐにQUICPayで3.0%還元が受けられますよ。

 

そのほか、全国の西友・リヴィンにて開催される「セゾンカード感謝デー」では、食料品から衣料品、家電用品に至るまで5%オフとなるため、身近に西友・リヴィンのある方は見逃せません。

 

年会費は実質無料(初年度無料、2年目以降は前年1回以上の利用で無料)である点にご注意ください。

 

 

dカード

4.6

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降550円(税込) ※年1回以上の利用で次年度無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • d払いでポイント3重取りの最大2.5%還元が可能
  • 最大10,000円のケータイ補償が付帯
  • 29歳以下限定で海外・国内旅行保険が付帯

 

ドコモが発行するdカードは、いつでも1.0%還元でdポイントが貯まり、スマホ決済「d払い」では、ポイント3重取りの最大2.5%還元が可能です。

 

dポイントは、幅広い加盟店やd払いでも利用できる使い勝手の良いポイントです。

 

ドコモ発行ならではの特典としては、dカードケータイ補償が付帯します。購入から1年以内のドコモスマホが紛失・故障した時に、最大1万円が補償されます。

 

さらに29歳以下の方に限り、海外旅行保険と国内旅行保険が付帯します。

 

年会費無料のクレジットカードでありながら、国内旅行保険では入院・通院や手術費用も補償される手厚い内容となっていますので、旅行好きの若い方なら持っていたい1枚ですね。

 

 

au PAY カード

4.6

年会費初年度無料
2年目〜無料 ※auユーザー以外で年1回以上の利用がない場合1,375円(税込)
家族カード初年度無料
2年目〜無料 ※本会員の年会費が発生する場合440円(税込)
ETCカード年会費無料
発行手数料1,100円(税込)※1年以内のETC利用で返却
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • au PAYでポイント3重取りの最大2.5%還元が可能
  • au PAYマーケットで最大ポイント15%還元
  • 即時利用サービスにて最短2分で利用可能

 

KDDIグループの会社が発行するau PAYカードでは、いつでも1.0%還元でPontaポイントが貯まり、スマホ決済「au PAY」での利用では、ポイント3重取りで最大2.5%でポイントが貯まります。

 

auが提供するショッピングサイト「au PAYマーケット」で利用すると6.0%以上の還元率になり、最大16.0%還元も可能です。

 

auユーザーは年会費が完全に無料ですが、それ以外の方は実質無料のカードなのでご注意ください。

 

 

海外旅行時におすすめのカード

 

海外旅行時に、旅行保険の補償内容を少しでも充実させたいなら「エポスカード」を発行しましょう。

エポスカード

4.5

年会費無料
家族カード-
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA
還元率0.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高500万
国内
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 最短即日発行が可能
  • ポイントアップ・優待店舗が豊富

 

エポスカードは、年会費無料としては珍しく「自動付帯」の海外旅行保険が付帯するクレジットカードです。

 

旅行保険が自動付帯の場合、死亡・後遺障害以外の補償金額を上乗せできるので、エポスカードを持っているだけで別のカードの補償に「障害治療」最高200万円、「疾病治療」最高270万円の上乗せが可能です。

 

ネットからの申し込み後、マルイのカードカウンターで当日受取が可能なので、旅行前にマルイでの買い物のついでに受け取ることができます。海外旅行前には作っておきたいですね。

 

全国10,000店舗以上の加盟店がある「エポトクプラザ」にて、ポイントアップをはじめとした優待が受けられます。

 

また、マルイの大型セール「マルコとマルオの7日間」では10%オフ特典あり、マルイユーザーにもおすすめのカードです。

 

 

学生におすすめのカード

 

学生の方に特化したカードなら、年会費無料の優遇はもちろん、有料カードレベルの特典が受けられます。

三井住友カード デビュープラス

5.0

年会費初年度無料
2年目〜1,375円(税込)※年1回の利用で翌年度無料
家族カード初年度無料
2年目〜440円(税込)※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費550円(税込)※年1回以上の利用で翌年度無料
国際ブランドVISA
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • いつでも1.0%還元
  • 25歳までの限定カードなので作りやすい
  • プライムゴールドに自動ランクアップ

 

三井住友カード デビュープラスは、いつでも通常の三井住友カードの2倍の1.0%還元でポイントが貯まります。

 

25歳までの学生・若者向け限定のクレジットカードのため、作りやすい審査基準になっています。

 

26歳を超えると「三井住友カード プライムゴールド」に自動でランクアップするので、将来的にステータス性の高いゴールドカードを持ちたい方におすすめです。

 

年会費は実質無料(初年度無料、2年目以降は前年1回以上の利用で無料)なのでご注意ください。

 

 

ANA JCBカード(学生用)

4.2

年会費在学中は年会費無料
家族カード-
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0%
申込資格国内に在住する高校生を除く18歳以上の学生の方
旅行
傷害保険
海外最高1,000万円
国内国内航空傷害保険 最高1,000万円
  • 在学中は年会費・マイル移行手数料無料
  • 入会・継続・学校卒業時にボーナスマイルプレゼント
  • 学生限定カードで作りやすい

 

ANA JCBカード(学生用)は、在学中は年会費(税込2,200円)・マイル移行手数料(税込5,500円)が無料になります。カードコスト0円でANAマイルを1.0%還元で貯められますよ。

 

一般カード同様、カード入会時やカード更新時にはボーナスマイルがもらえ、さらに学校卒業時に一般カードへ切り替えるとボーナスマイルがもらえます。

 

学生限定カードのため、審査基準も当然厳しくありません。ANAマイルを貯めたい学生の方であれば、ANA JCBカード(学生用)を申し込みましょう。

 

 

Suicaユーザーにおすすめのカード

 

通勤・通学に「Suica」を利用している方には、Suicaチャージでお得なクレジットカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカード

4.5

年会費初年度無料
2年目〜524円(税込)※年1回以上の利用で翌年度無料
家族カード-
ETCカード年会費524円(税込)
国際ブランドVISA、JCB
還元率0.5〜11.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外500万円(自動付帯)
国内1000万円(利用付帯)

カードの詳細を見る

現在、受付停止中です

  • いつでもポイント2重取りの1%還元
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • ビックカメラで最大11.5%還元

 

ビックカメラSuicaカードは、いつでも「ビックポイント」「JREポイント」がそれぞれ0.5%ずつ、合計1.0%還元で貯まります。

 

Suicaのチャージおよびオートチャージに利用すると、JREポイントが1.5%還元されます。通勤や通学でSuicaを利用する機会が多いのなら、Suicaチャージ専用カードとしてもおすすめです。

 

そのほかSuicaはビックカメラでも利用可能で、ビックカメラではSuica支払いで10.0%の還元を受けられるため、チャージの1.5%分を合わせて合計11.5%還元でポイントが貯まります。

 

ビックポイントはJREポイントに交換可能で、さらにJREポイントはSuicaにチャージできるので、Suicaユーザーならポイントを無駄なく利用できますね。

 

 

サブカードにおすすめのカード

メインカードはすでに持っていて、年会費無料のサブカードを探している方には誕生日特典のある「ライフカード」がおすすめです。

ライフカード

4.5

年会費無料
家族カード無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜1.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 入会後1年間は0.75%還元
  • 誕生月はポイント3倍
  • ネット通販でポイントアップ

 

ライフカードは通常還元率は0.5%ですが、入会から1年間は1.5倍の0.75%還元になります。

 

それでも1.0%には届かないため、メインカードとしては力不足感がありますが、誕生月は3倍の1.5%還元になるため、1ヶ月間は超高還元カードとして活躍します。

 

さらに、楽天市場をはじめとしたネットショッピングでポイントアップが可能なので、誕生月のポイント3倍と組み合わせることで、さらなるポイントアップが可能になります。

 

誕生月やネットショッピングといったピンポイントでのサブカードとしてライフカードは重宝しますよ。

 

 

審査に不安な方におすすめのカード

クレジットカードには、たとえ年会費無料であっても「審査」は必ずあります。

 

カードの審査に落ちてしまうと、他のカードの申し込みにも躊躇してしまいますよね。そんなクレジットカードの審査に不安を抱える方におすすめのカードがあります。

ACマスターカード

4.7

年会費無料
家族カード発行無し
ETCカード年会費発行無し
国際ブランドMastercard
還元率0.25%
申込資格20歳〜69歳までの安定収入のある方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • 消費者金融独自の審査基準で作りやすい
  • 3秒診断で発行可能か診断可能
  • 最短1時間で即日発行が可能

 

ACマスターカードは消費者金融大手の「アコム」が発行するカードで、独自の審査基準を設けているため、他のカードで審査落ちした方でも、審査通過の可能性があります。

 

また、公式サイトで「3秒診断」を用意しており、年齢・年収・カードローン他者借入状況の3項目を入力するだけで、申し込み前に発行可能かどうかの目安が分かります。

 

審査時間も最短30分と短く、最短1時間で全国の自動契約機(むじんくん)での即日発行も可能です。

 

クレカの審査に自信がない方、一刻も早くクレジットカードが利用したい方に、ACマスターカードはおすすめのカードです。

 

 

年会費無料の法人カード

 

個人向けカードほど多くはありませんが、法人カードでも年会費無料のカードはあります。

 

まずは年会費無料のカードを試してみて、足りない部分があれば、それに応えてくれる法人カードに切り替える、という使い方がおすすめです。

NTTファイナンスBizカード レギュラー

4.5

年会費永年無料
追加カード無料
ETCカード年会費550円(税込)
国際ブランドVISA
還元率1.0%
申込資格20歳以上の法人・個人事業主の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高2,000万円
  • 追加カードも年会費無料
  • 経費支払いでいつでも1%還元
  • ネット通販でもお得

 

NTTファイナンスBizカード レギュラーは、本カードだけでなく、社員用の追加カードも年会費無料の珍しい法人カードです。

 

利用額が高額になりがちな法人カードでは0.5%還元を超えるものは稀ですが、NTTファイナンスBizカード レギュラーは年会費無料でありながら驚異の1.0%還元。

 

ポイントアップモール「倍増TOWN」を利用すれば、楽天市場やYahoo!ショッピングをはじめとしてネットショップサイトで、さらにポイントアップが受けられます。

 

法人カードとしての使い勝手にも優れていながら、個人向けカードのようにポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

 

ただし、ETCカードは1枚550円(税込)の年会費がかかるので、ETCカードの利用予定がある場合にはご注意ください。

 

 

ライフカードビジネスライト

4.1

年会費無料
追加カード3枚まで無料
ETCカード年会費1枚無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申込資格18歳以上の法人代表者・または個人事業主の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • ETCカードも年会費無料
  • 決算書不要で開業1年目でも申込可能
  • 最短4営業日発行

 

ライフカードビジネスライトは本カードのほか、社員用追加カード(3枚まで)とETCカード(1枚のみ)が年会費無料です。

 

営業規模によっては、こちらのカードの方が年会費をかけずにすみますね。

 

申し込み時に決算書や登記簿が必要なく、本人確認書類のみで申し込みできるため、開業1年目の法人や個人事業主およびフリーランスでも作りやすい法人カードです。

 

最短4営業日でカード発行が可能で、一般的な法人カードは発行までに2〜3週間程度かかるので、早く法人カードを手に入れたい方にもおすすめです。

 

 

年会費無料のクレジットカードの選び方

 

年会費無料のクレジットカードを選ぶ際には、以下の3つの点に注意しましょう。

 

  • 年会費無料の条件
  • ポイントの還元率
  • ポイントの使い道

 

最低でもこれらを確認しておけば、申し込み後に「思っていたものと違った」という後悔を減らせますよ。

年会費無料の条件

クレジットカードの年会費無料には、「永年無料」と「実質無料」の2つがあります。

 

永年無料は無条件で年会費が無料なのに対し、実質無料は無料となる条件設定があるものです。

 

とはいえ、実質無料であっても「初年度無料、2年目以降は1回以上のカード利用で無料」といった簡単な条件が多く、継続的な利用があるクレジットカードであれば大きな問題にはならないでしょう。

 

ただし、引っ越しをはじめ環境の変化によって利用機会がなくなり、すっかり忘れているうちに年会費が発生してしまうケースがあります。

 

そうならないように年会費が実質無料のカードは無料になる条件を把握しておき、利用機会がなくなった時には即解約できるようにしておきましょう。

 

また、本カードだけでなく家族カードやETCカードといった追加カードに関しても、年会費(ETCカードは発行手数料も)の無料の条件はしっかりと確認しておくのが吉ですよ。

ポイントの還元率

年会費無料のクレジットカードでは、ポイント還元率は通常0.5%か1.0%です。1.0%を超えるカードはほとんどなく、1.2%のリクルートカードは貴重な存在です。

 

還元率が0.5%と1.0%では、ポイントの貯まりやさが単純に2倍分違うため、メインカードとして様々な用途に長く利用するのであれば、1.0%還元のカードを選びましょう。

 

また、クレジットカードには特定の店舗やサービスでポイントアップする特典が付いたものも多いので、よく利用する店舗・サービスと合致しているかを確認しておくのも忘れてはいけません。

 

クレジットカードによっては、年間や月間の利用額に応じてポイント還元特典があるカードもありますので、メインカードとして利用すれば達成しやすいですよ。

ポイントの使い道

クレジットカードの利用で貯まるポイントは、共通ポイントが貯まるカードもあれば、カード独自のポイントが貯まるものもありさまざまです。

 

気をつけたいのはポイントの使い道で、いくら高還元のクレジットカードでも、ポイントの使い道が限定的で使いこなせないようでは意味がありません。

 

貯まったポイントが何に利用できるのか、何に交換できるのかを確認すると同時に、交換率もチェックしましょう。交換率が著しく下がるようではおすすめの交換先とは言えません。

 

電子マネーやスマホ決済の残高にチャージできるポイントは、使い勝手がよく、有効期限が切れるという心配もないでしょう。また、マイルに交換できるポイントもありますので、旅行に利用することもできますよ。

 

年会費無料のクレジットカードの注意点

年会費が無料だからといっても、クレジットカードを作る際には注意すべき点があります。特に以下の点にはご注意ください。

 

  • リボ専用カードに注意
  • カードの持ちすぎに注意
  • カードデスクにはなかなか連絡がつながらない

リボ専用カードに注意

年会費無料で還元率が1.0%を超える場合、そのカードが「リボ払い専用カード」かどうか確認してください。

 

リボ払いとは、毎月の支払い額が一定になり、月々の支払い負担が軽くなりますが、その分のリボ手数料が発生するため、結果的に負担額が膨大に増える可能性があります。

 

結果として、「気づいたときにはリボ手数料が大きく膨らみ、支払いようがない」など、取り返しのつかない状況に陥りかねないため、おすすめはできません。

 

今回紹介してきたクレジットカードは、すべてリボ払い専用カードではありません。ただし、リボ払い専用カードでなくてもリボ払いは可能なため、できれば利用しないようにしましょう。

 

クレジットカードによっては、入会キャンペーンの獲得条件に「リボ払いの利用・登録」が含まれているケースもあります。入会キャンペーンにつられて、安易にリボ払いを利用することは避けましょう。

 

カードの持ちすぎに注意

年会費無料のクレジットカードとなると「いくつ保有してもコストは0円だから、お得そうなものはすべて申し込んでしまおう」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし手当たり次第にカードを申し込んでいると、カード発行会社は他社分も申込状況を確認できるため、「多重申し込み=お金に困っている人」と判断されて、審査落ちの可能性を高めることになりかねません。

 

作りたいクレジットカードが複数枚ある場合には、数か月(可能なら半年)の期間を空けて申し込むのがベストです。

 

また、すでに保有しているクレジットカードであっても、その数によっては審査に影響することがあります。利用機会のなくなったカードがある場合には、解約を検討してみてください。

 

カードデスクには繋がりにくい

年会費無料のカードデスクは利用者が多いこともあり、曜日や時間帯によってはなかなかつながらない場合が多いです。

 

一方、年会費有料やゴールドカード以上のカードであれば、専用のカードデスクが用意されていますので、一般のカードデスクよりもつながりやすいほか、手厚いサポートを受けやすくなっています。

 

サポート面での充実を求める方にとっては、年会費無料のクレジットカードだと物足りなさや不満を覚えるかもしれません。

年会費無料のクレジットカードはニーズに合致したものを選ぶのが最適!

クレジットカードは、特定条件下においてのポイントアップや特典が多く、普段よく利用するお店や利用方法に合わせて選ぶことが大切です。

 

  • 年会費無料の条件を確認する
  • ポイントの還元率・ポイントアップが高いものを選ぶ
  • ポイントの使い道を事前に把握しておく

 

以上のような点に注意すれば、年会費無料のカードでもメリットを最大限に活かし、デメリットを軽減することができるでしょう。

 

今一度、自分の生活を振り返って、あなたにぴったりのカードを選んでみてください。